荒牧陽子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

荒牧陽子(あらまき ようこ)

 

 

1981114日生

身長152

 

岡山県岡山市出身のモノマネタレント、歌手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの長女で、妹と弟がいる。

 

当初はシンガーソングライターとして活動するも、オーディションに合格せずにメジャーデビューできなかった。

 

2001年から出演したバラエティー番組「スター☆ドラフト会議」で準レギュラーを務め、モノマネタレントとして注目を集める。

 

 

以降は「ものまねグランプリ」などに出演して、人気モノマネタレントの仲間入りを果たす。

 

 

2007年に1stシングル「黄金の輝き」で歌手デビュー。

 

20131月から体調不良によって一時芸能活動を休業し、2014年夏に復帰した。

 

ディナーショーなども定評がある。

 

 

私生活では2013年に結婚しており、2016年秋に第一子を出産した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岡山県 就実高校 偏差値40台前半(当時・容易)

 

荒牧陽子さんの出身校は、私立の女子校の就実高校です。

 

同校は1904年開校の伝統校で、バレーボール部が全国的な強豪として知られています。

 

また現在の同校は特別進学コース(偏差値70)などを設置して進学率も向上していますが(偏差値は4670)、当時はそのようなコースもなく現在ほどレベルは高くはありませんでした。

 

荒牧さんは岡山市内の小学校・中学校から同校に進学していますが、小中学校の校名などは不明です。

 

2歳の頃から音程をとって歌を歌うことができ、小学生の時には演歌やピアノを習っていました。

 

また当時からカラオケ大会に出場しては、入賞するほどの歌唱力でした。

 

小学生の時に歌手になる決心をしています。

 

高校時代は学園祭などのステージに立って、自慢の歌を披露していました。

 

また高校2年生の時に出場したNHKののど自慢ではチャンピオンになって、翌年のチャンピオン大会にも出場しています。

 

【主な卒業生】

有森裕子(元マラソン選手)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

荒牧陽子さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

高校卒業後は上京して歌手を目指すための資金を貯めるために、地元の焼き肉店でアルバイトをしています。

 

20歳の時に上京してシンガーソングライターとしてオーディションを受けはじめますが、なかなか合格できませんでした。

 

そのため当時はコーラスやガイドボーカルとして活動して生計を立てていました。

 

ところが20歳の時に「スター☆ドラフト会議」に出演すると、その高い歌唱力の裏づけもあるモノマネが人気を博して、モノマネタレントとしてブレイクを果たしています。

 

その後は多くのモノマネ番組や歌番組に出場しています。

 

芸能活動を休業していた期間もありましたが、その後は無事に復帰して現在に至ります。

 

今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ