秋野暢子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

秋野暢子(あきの ようこ)

 

 

1957118日生

身長170

 

大阪府大阪市出身の女優、タレント

本名同じ

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

兄がいる。

 

1974年にテレビドラマ「おおさか・三月・三年」で女優デビュー。

 

1975年にNHKの朝ドラ「おはようさん」のヒロインに抜擢されてブレイク。

 

 

1976年の「青春の構図」で映画初出演。

 

1977年に「愛はみなし児」で歌手デビューし、シングル6枚とアルバム1枚をリリースしている。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「スチュワーデス物語」や「その気になるまで」、「とと姉ちゃん」など。

 

 

「片翼だけの天使」や「岸和田少年愚連隊」、「ハッシュ!」などの映画にも出演している。

 

 

2006年から情報番組「ミヤネ屋」の曜日コメンテーターを務める。

 

私生活では1983年にTBSのプロデューサーと結婚し娘をもうけたが、2001年に離婚している。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 四天王寺高校 偏差値7072(現在・超難関)

 

秋野暢子さんの出身校は、私立の女子校の四天王寺高校です。

 

同校は1922年開校の伝統校で、地元では古くからの「お嬢様学校」として知られています。

 

また現在では同校はレベルがかなり上がっており、関西を代表する女子校のひとつとなっています。

 

しかし秋野さんが在籍した当時は、系列の四天王寺女子短期大学(現在は四天王寺大学短期大学部)に進学する生徒も多かった時代で、レベルは低くなかったもののさほどの難関校ではありませんでした。

 

秋野さんは大阪市立弘治小学校(現在は閉校)から系列の四天王寺中学校を経て、同校に内部進学しています。

 

幼少期までは裕福な家庭に育ちましたが、父親が借金の連帯保証人となったことで財産を失って、経済的に厳しい学生時代を送っています。

 

また意外にも小学校の時はいじめられっ子でしたが、小学校高学年で出演した学芸会の劇がきっかけで明るくなっています。

 

そのため中学校や高校でも演劇部に入部して、部長を務めています。

 

高校3年生の時にテレビドラマに出演して女優デビューを果たしています。

 

【主な卒業生】

高畑充希(女優・転出)

石川佳純(卓球選手)

小椋久美子(元バドミントン選手)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

秋野暢子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

当初は大学への進学を希望していましたが、家庭の経済事情から進学を諦めています。

 

しかし高校を卒業した年にNHKの朝ドラのヒロインに抜擢されてブレイクを果たしています。

 

以降の活躍は目覚ましく、長きにわたって数多くのテレビドラマや映画に出演。

 

タレントとしてもバラエティー番組や情報番組にたびたび出演してきました。

 

既に60歳を超えていますが未だに精力的に活動しており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ