六平直政の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 六平直政(むさか なおまさ)

 

 

1954410日生

身長175㎝、体重78

 

東京都中野区出身の俳優

本名同じ

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

弟がいる。

 

当初は劇団状況劇場や新宿梁山泊の舞台などで活動。

 

1986年の「ジャズ大名」で映画初出演。

 

1988年からテレビドラマ「名奉行 遠山の金さん」に出演(1999年まで)

 

1991年に出演した映画「シコふんじゃった。」で注目される。

 

 

当初はヤクザ役や犯人役、刑事役など強面を活かした役柄が多かった。

 

数えきれないほどの映画やテレビドラマに出演しており、テレビドラマの代表作は「元禄繚乱」や「TRICK3」、「八重の桜」など。

 

 

「極道の妻たちシリーズ」や「ドラッグストア・ガール」、「ゲゲゲの鬼太郎」などの映画にも出演している。

 

 

既婚者で次男はJリーガーの六平光成。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 国立高校 偏差値74(超難関・現在)

 

六平直政さんの出身校は、都立の共学校の国立高校です。

 

同校は1940年の開校で、古くから西東京地区きっての都立の進学校として知られています。

 

六平さんの出身中学校は不明ですが、武蔵野市立第二中学校が有力のようです。

 

子供の頃から成績優秀で、中学時代はオール5で当時は東京大学への進学も視野に入れていました。

 

またいわゆる「ガリ勉」タイプの生徒ではなく、小学生の頃はリトルリーグに所属して、中学では剣道部に入部しています。

 

得意の絵は小学生の頃から習っていました。

 

高校時代はサッカー部と美術部に所属しています。

 

高校時代も当初は東大法学部を目指していましたが、高校3年生の時に美大で彫刻を学びたいと思い立ち進路変更をしています。

 

【主な卒業生】

富川悠太(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:武蔵野美術大学 彫刻科 偏差値40(難関)

※現在は造形学部彫刻学科

 

六平直政さんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て武蔵野美術大学に進学しています。

 

同大は学科試験はさほど難しくないことから偏差値も低いですが、実技試験が難関な名門美術大学です。

 

大学ではスキューバダイビング部にも入部しています。

 

大学時代に彫刻の腕を磨いて、当時としては史上最年少で現代日本美術展で入選しています。

 

大学卒業後は同大の大学院に進学していますが、最終的には大学院は中退しています。

 

その後に劇団状況劇場に入団していますが、役者としてよりも美術の専門技術を買われての入団でした。

 

そのため当初は大道具や小道具などの仕事に嫌気がさして、劇団を脱走した経験もありました。

 

下積み生活がかなり長かったことから30代半ばごろまではアルバイトで食いつないで、経験した職種は300にも及びました。

 

しかし35歳あたりから個性派俳優としてスポットがあたりはじめ、以降は数多くの作品に出演しています。

 

かなりの苦労人ですし貴重な演技派のバイプレーヤーですから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ