市川実日子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

市川実日子(いちかわ みかこ)

 

市川2

 

1978613日生

身長169

 

東京都出身の女優、モデル

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子で姉は女優の市川実和子。

 

1994年にファッション誌「Olive」の専属モデルとなる。

 

市川1

 

1998年に短編映画「How to柔術」で女優デビュー。

 

「サイコドクター」や「すいか」などの連続ドラマの主演を経て、

2003年の初の主演映画「Blue」でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞を

受賞して注目される。

 

その後は「喰いタン」や「篤姫」、「サムライハイスクール」などの

人気作の連ドラに出演。

 

映画でも「いま、会いにゆきます」や「嫌われ松子の一生」、

「マザーウォーター」などの話題作に出演。

 

2004年の「JOKER」で初舞台。

 

2016年に出演した映画「シン・ゴジラ」の演技で毎日映画コンクール

助演女優賞を受賞。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 大崎高校 偏差値48(やや容易)

 

市川実日子さんの出身校は、都立の共学校の大崎高校です。

 

高校1年生の時にファッション誌の専属モデルとなって活躍しています。

 

中学時代は長身を活かしてバスケットボール部で活躍していましたが、

高校時代は芸能活動もあったことから、部活動はおこなっていないようです。

 

モデルとして当初からかなりの人気を博していましたが、本人は将来的に

モデルでやっていく自信がなかったので、大学進学を考えていました。

 

【主な卒業生】

Cher(ギタリスト)

真行寺君枝(女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

市川実日子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

芸能活動に専念しています。

 

高校卒業時には進路に迷いましたが、結局は芸能界一本に定めたようです。

 

高校卒業当初はモデルとして活動し、様々なファッション誌にも

登場するなど、高い人気を誇りました。

 

そしてその後は女優に転身し、演技派の若手女優として注目されることになります。

 

現在でも確かな演技力は健在で、多くのドラマや映画に主要キャストとして

起用されています。

 

主演作こそ少なくなりましたが、安定感のある演技で作品を引き締めています。

 

存在感のあるバイプレーヤーなので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポナビライブ

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ