田中邦衛の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

田中邦衛(たなか くにえ)

 

 

19321123日生

身長167

 

岐阜県出身の俳優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

7人きょうだいの4番目。

 

当初は郷里の岐阜県で代用教員を務め、1955年に俳優座養成所に入所。

 

1957年に映画「純愛物語」で俳優デビュー。

 

1958年に俳優座座員に昇格し、同期には露口茂や山本學らがいる。

 

同年の「バス通り裏」でテレビドラマ初出演。

 

1961年の映画「大学の若大将」で加山雄三演じる若大将のライバル・青大将を好演して、「若大将シリーズ」のレギュラーになる。

 

 

初期の頃はチンピラやヤクザ、殺し屋役が多く、「網走番外地シリーズ」や「仁義なき戦いシリーズ」などのアクション映画に多数出演。

 

 

1981年から出演したテレビドラマ「北の国から」は代表作になる。

 

 

2010年の映画「最後の忠臣蔵」以降は俳優活動を休止している。

 

既婚者で長女はNHK記者の田中淳子。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 広池学園高校 偏差値63(やや難関・現在)

※現在は麗澤高校

 

田中邦衛さんの出身校は、私立の男子校の広池学園高校です。

 

同校は現在は共学化されて麗澤(れいたく)高校になっています。

 

多治見市立多治見中学校から同校に進学しています。

 

田中さんは中学時代は不良で学校をさぼったり、タバコを吸うなど素行にも問題がありました。

 

またほとんど勉強もしていなかったので、中学校の成績も最下位に近いものでした。

 

そのため父親がこれらのことを深刻に受け止めて、千葉県にある当時は全寮制高校だった同校に進学させました。

 

その甲斐あって高校時代はだいぶ落ち着いて、真面目に勉強にも取り組むようになったとのこと。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:麗澤短期大学 英語科 偏差値不明

※現在は閉校

 

田中邦衛さんは高校卒業後は、系列の麗澤短期大学に内部進学しています。

 

短大では英語科に在籍して、教員免許も取得しています。

 

在学中から俳優を志して俳優座の養成所を受験しますが不合格になって、郷里の岐阜に戻って中学校の代用教師を務めています。

 

3度目の受験で念願の俳優座養成所に合格して、本格的に俳優を目指しています。

 

当初は悪役が中心でヤクザや殺し屋などで多数の映画に出演しています。

 

49歳の時に出演したテレビドラマ「北の国から」の黒板五郎役は当たり役となって、田中さんの長い俳優人生の中でも代表作のひとつとなります。

 

現在は俳優活動を休止中でリハビリ生活を送っているとの報道もありましたが、高い人気を誇る人物だけに、末永いご健在を祈りたいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ