貴乃花親方の学歴|出身小学校中学校や高校の偏差値

 

貴乃花親方(貴乃花光司)

 

 

1972812日生

身長185㎝、体重73

 

東京都出身の大相撲年寄(親方)、元力士

本名は花田光司(はなだ こうじ)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は元大関の貴ノ花利彰、母親は女優の藤田紀子、兄は元横綱の花田虎上(まさる)。

 

19883月に藤島部屋所属力士として貴花田のしこ名で初土俵。

 

 

19905月場所で新入幕。

 

19915月場所で当時の横綱の千代の富士を破り、以降は兄の若花田とともに「若貴フィーバー」に沸く。

 

 

19921月場所で195か月の若さで幕内初優勝。

 

19931月に大関に昇進して、しこ名も父親と同じ貴ノ花に改める。

 

1993年に女優の宮沢りえとの婚約解消が話題となる。

 

 

199411月場所で第65代横綱に昇進する。

 

 

1995年にアナウンサーの河野景子と結婚し、長男の花田優一が誕生。

 

 

以降は2003年の1月場所で引退するまで、幕内優勝22回を記録。

 

一代年寄として貴乃花部屋の師匠を務めていたが、弟子の暴行事件をきっかけとして20189月に退職届を提出した。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:杉並区立松ノ木小学校

 

出身中学校:明治大学附属中野中学校 偏差値68(現在・難関)

 

出身高校:進学せず

 

貴乃花親方は力士であった父親の影響で小学生の頃から相撲をはじめて、小学5年生の時にはわんぱく相撲の全国大会で優勝。

 

 

中学校は私立の共学校の明大中野中学校に進学しています。

 

現在の同校は大学の系列校の人気も手伝って偏差値も68程度に上昇していますが、貴乃花親方が在籍した当時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

また同校の相撲部は全国大会の常連で、多くの大相撲力士を輩出していることで知られています。

 

貴乃花親方の同校進学も、相撲のスポーツ推薦のような形だったと思われます。

 

中学相撲で活躍後は15歳の時に父親が師匠を務める藤島部屋に入門したため、高校へは進学していません。

 

とは言えその後の活躍は目覚ましく、22歳で横綱まで上り詰めています。

 

また兄の若花田との「若貴フィーバー」は凄まじく、大相撲の人気底上げに大きく貢献しました。

 

引退後も日本相撲協会の理事にまでなりましたが、弟子の暴行問題をきっかけに平年寄に降格。

 

さらには相撲協会が無所属の親方を認めず、一部の一門が受け入れを拒否したことから、46歳の若さでの協会退職となってしまいました。

 

現役時代は大横綱として絶大な人気を誇った人物だけに、残念でなりません。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ