山田花子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

山田花子(やまだ はなこ)

 

 

1975310日生

身長150

 

大阪府出身のお笑いタレント

本名は渡邉京子(結婚前)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と4歳年上の兄。

 

中学生の頃からタレント活動を開始。

 

18歳でJWP女子プロレスの練習生となるが、頭蓋骨骨折の重傷を負って断念。

 

以降は吉本新喜劇に出演して人気者となる。

 

(デビュー当時)

 

1997年から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務める(2002年まで)

 

他にも「マジカル頭脳パワー!!」や「THE夜もヒッパレ」などのバラエティー番組に出演。

 

女優としても活動しており、「ピーチな関係」や「はぐれ刑事純情派」、「明日があるさ」などの連続ドラマに出演。

 

2006年の映画「無花果の顔」では主演している。

 

 

2016年から活動拠点を再び大阪に戻した。

 

 

既婚者で息子が2人いる。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 福泉高校 偏差値40(容易)

 

山田花子さんの出身校は、府立の共学校の福泉高校です。

 

堺市立北八下小学校から堺市立八下中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学生の頃にクラッシュギャルズに憧れて、女子プロレスラーを目指しています。

 

中学時代は陸上部に在籍しており、スポーツは得意とのこと。

 

実家があまり裕福でなかったことから、中学生の頃からアルバイトをしています。

 

また中学時代からタレント活動をしており、高校時代には「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラーとして起用されています。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

山田花子さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

いったんは女子プロレスの練習生になりますが、大けがを負ったことでお笑いの道に戻ります。

 

すると吉本新喜劇で人気が出て、22歳の頃からは「笑っていいとも!」のレギュラーを務めています。

 

以降は数多くのバラエティー番組に出演して、人気女性お笑いタレントの地位も確立しました。

 

最近は活動の拠点を大阪に戻して、再び吉本新喜劇などに出演しています。

 

未だに高い人気を誇るだけに、今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ