美輪明宏の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

 美輪明宏(みわ あきひろ)

 

 

1935515日生

身長161

 

長崎県出身のタレント、歌手

本名及び旧芸名は丸山明宏

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの次男。

 

当初は進駐軍のキャンプなどで歌い、1952年に銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」の専属歌手としてデビュー。

 

 

1957年に「メケ・メケ」でレコードデビューし、いきなりヒットとなる。

 

 

1959年の「魅惑の宵」でテレビドラマ初出演。

 

1966年にリリースした「ヨイトマケの唄」がロングヒットとなる。

 

 

1967年から寺山修司の舞台「青森県のせむし男」や「毛皮のマリー」などに主演。

 

1971年に美輪明宏に改名。

 

近年はタレント活動が中心となり、「オーラの泉」や「ありえへん∞世界」などのバラエティー番組にレギュラー出演。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 国立音楽大学附属高校音楽科(中退) 偏差値50(現在)

 

美輪明宏さんが入学したのは、私立の共学校の国立音楽大学附属高校です。

 

同校は現在は音楽科のほか普通科(偏差値56)も設置していますが、当時は音楽科のみの高校でした。

 

美輪さんは佐古国民学校(現在は長崎市立佐古小学校)から私立の海星中学校を経て、同校に進学しています。

 

10歳の時に長崎市に投下された原子爆弾で被爆しています。

 

実家は金融業を営んでおり、裕福な家庭に育っていますが、後に原爆の影響で貸付先の多くが倒産・破産したことから、最終的に家業は倒産に追い込まれています。

 

美輪さんはオペラ歌手を夢見て同校に進学していますが、高校1年生の時に家業の倒産で金銭的に苦境に陥り、同校を中退しています。

 

(学生時代)

 

後に高校に入り直すこともなく、大学などにも進学していません。

 

当初は家もなく新宿駅で寝泊まりしていましたが、17歳でシャンソン喫茶の専属歌手となると「美少年」として話題になります。

 

年齢や性別不詳の歌手としてレコードデビューを果たしますが、次第に人気が高まっています。

 

他にも俳優やタレントとしても活動して、80歳を超えた現在でも第一線で活躍しています。

 

唯一無二のキャラクターを持つ人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ