西原理恵子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

西原理恵子(さいばら りえこ)

 

 

1964111日生

身長154

 

高知県出身の漫画家

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1988年にヤングサンデー誌上の「ちくろ幼稚園」で漫画家デビュー。

 

(若い頃)

 

当初はパチンコ雑誌や麻雀雑誌への連載が多かった。

 

1992年に週刊朝日に連載した「恨ミシュラン」が話題となる。

 

 

1995年からビッグコミックスピリッツに連載された「ぼくんち」が文芸春秋漫画賞を受賞。

 

 

200210月から毎日新聞に連載された「毎日かあさん」が、手塚治虫文化賞などを受賞してアニメ化や実写映画化された。

 

 

タレント活動もしており、「ノンストップ!」や「ナカイの窓」、「もしかしてズレてる?」などのテレビ番組に出演。

 

私生活では1996年にフォトジャーナリストと結婚し一男一女をもうけるも、2003年に離婚。

 

その後高須クリニック院長の高須克弥氏と事実婚。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:高知県 土佐高校(中退) 偏差値67(難関)

 

西原理恵子さんの出身校は、私立の共学校の土佐高校です。

 

同校は1920年開校の伝統校で、古くからの進学校として知られています。

 

西原さんは高知市立浦戸小学校から系列の土佐中学校を経て、同校に内部進学しています。

 

西原さんの学生時代は壮絶で、アルコール中毒だった実父を3歳で亡くし、7歳の時に母親が再婚しますが、継父はギャンブルで莫大な借金を作ってしまいます。

 

高校3年生の時に自身の飲酒で高校から退学処分となりますが、その処分を不服として高校を訴えています。

 

その後大検に合格して大学受験を目指しますが、今度は継父が受験の前日に縊死を遂げるという不幸に見舞われています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

北村総一朗(俳優)

村木厚子(厚生労働事務次官)

中谷元(政治家)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:武蔵野美術大学 造形学部視覚伝達デザイン学科 偏差値52(難関)

 

西原理恵子さんは1年間の浪人生活を経て、武蔵野美術大学に進学しています。

 

同大は学科試験は普通レベルですが、実技試験が難しい名門美大として知られています。

 

大学時代はミニスカパブなどでアルバイトをしながら漫画家を志し、大学4年生の時に漫画家としてデビューしています。

 

以降は独特の作風で多くのファンを魅了して、人気漫画家の地位も確立。

 

また作品が数々の賞を受賞しているのも、この人の特徴です。

 

かなりの苦労人ですから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ