國村隼の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

國村隼(くにむら じゅん)

 

 

19551116日生

身長170

 

大阪府出身(生まれは熊本県)の俳優

本名は米村喜洋

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1979年のNHKの朝ドラ「鮎のうた」に端役で出演。

 

1981年の「ガキ帝国」で映画初出演。

 

1989年に出演した映画「ブラック・レイン」で注目される。

 

 

1997年の「萌の朱雀」で映画初主演。

 

 

以降も「オーディション」や「半落ち」、「アウトレイジ」などの映画に出演。

 

2009年の「親父の一番長い日」でテレビドラマ初主演。

 

 

NHKの朝ドラへの出演が多く、「ふたりっ子」や「芋たこなんきん」、「カーネーション」などに出演している。

 

 

その他にもラジオドラマに出演したり、ナレーターなどを務めることも多い。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府立工業高等専門学校(中退) 偏差値64(やや難関・現在)

※現在は大阪府立大学工業高等専門学校

 

國村隼さんの出身校は、大阪府立工業高専です。

 

同校は6年制の高等専門学校で、これまで数多くの技術者を輩出していることで知られています。

 

またこのところ就職率の向上で高専のレベルは上がっていますが、國村さんが在学した当時は現在ほどのレベルではなかったと推測されます。

 

出身中学校は大阪市内の公立中学校ですが、校名などは判明しませんでした。

 

國村さんは小さなころから自動車に興味があって、エンジニアになるために同校に進学しています。

 

しかし20歳の時に留年になったことをきっかけに同校は中退しており、大学などにも進学していません。

 

その後はNHK大阪放送局の大阪放送劇団に入団して、本格的に俳優を目指しています。

 

24歳の時にテレビドラマに初めて出演していますが、当初は端役がほとんどでした。

 

34歳に時に出演した映画「ブラック・レイン」のヤクザ役で注目されて、以降は数多くの映画に起用されています。

 

当初はヤクザや刑事などの役柄が多かったのですが、その後は演技の幅も広がってヒロインの父親役などで人気を得ています。

 

現在でも第一線で活躍する実力派の脇役だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ