長塚圭史の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

長塚圭史(ながつか けいし)

 

 

197559日生

身長181㎝、体重65

 

東京都出身の俳優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は俳優の長塚京三で、姉がいる。

 

1994年に「劇団笑うバラ」を結成。

 

1996年に「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成。

 

1999年の「検事・霞夕子14」でテレビドラマ初出演。

 

2000年の「ざわざわ下北沢」で映画初出演し、2001年の「tokyo.sora」で高崎映画祭新人男優賞を受賞。

 

2004年の「リアリズムの宿」で映画初主演。

 

 

以降も「ウェルかめ」や「Dr.倫太郎」、「あさが来た」などの連続ドラマに出演。

 

 

「容疑者Xの献身」や「ヘブンズ・ドア」、「アフロ田中」などの映画にも出演している。

 

私生活では2009年に女優の常盤貴子と結婚した。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 戸山高校 偏差値71(超難関)

 

長塚圭史さんの出身校は、都立の共学校の戸山高校です。

 

同校は1888年開校の都立高校の中でも2番目に古い伝統校で、古くからの進学校として知られています。

 

長塚さんは渋谷区立千駄ヶ谷小学校から渋谷区立外苑中学校(現在は原宿外苑中学校)を経て、同校に進学しています。

 

父親は俳優の長塚京三さんですが、幼いころに両親が離婚して姉とともに母子家庭で育っています。

 

そのため暮らしはあまり豊かではなく、家には物が少なかったと振り返っています。

 

子供の頃からスポーツは苦手でしたが、勉強は得意でした。

 

しかし長塚さんの高校時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細なども不明です。

 

【主な卒業生】

東条英機(元内閣総理大臣、海軍大将)

森永卓郎(評論家)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:早稲田大学 第二文学部 偏差値60(やや難関)

※現在は募集停止

 

長塚圭史さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学しています。

 

在籍したのは第二文学部(夜間部)ですが、2006年をもって募集を停止しています。

 

長塚さんは大学入学直後に劇団を立ち上げて、俳優や演出家としてのキャリアをスタートさせています。

 

当初は舞台を中心に活動していましたが、大学卒業後は活動の幅を広げてテレビドラマや映画にも進出。

 

癖のある役柄などの演技に定評があり、このところは話題の連続ドラマや映画などに起用されています。

 

また出身の舞台でも精力的な活動を展開しており、今後のさらなる飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ