草刈正雄の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値や経歴

草刈正雄(くさかり まさお)

 

草刈

 

195295日生

身長185

 

福岡県出身の俳優、歌手

本名同じ

 

以下では草刈正雄さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代や高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親はアメリカ人で母親が日本人のハーフ(父親は米軍の軍人で生まれる前に朝鮮戦争で戦死)。

 

1970年に資生堂の専属モデルとなりCMなどで人気を博す。

 

草刈2

(若い頃のモデル時代)

 

1971年に1stシングル「地図にない街」で歌手デビューし、シングル11枚とアルバム4枚を残している。

 

 

1973年のドラマ「トリプル捜査官」で俳優デビュー。

 

1974年の「卑弥呼」で映画初出演し、同年の「神田川」で初主演。

 

 

1977年に主演したドラマ「華麗なる刑事」がヒットし人気を決定づける。

 

草刈3

 

その後も多くの作品に出演し、代表作は「プロハンター」や「真田太平記」、「花の乱」、「真田丸」など。

 

 

映画では「沖田総司」や「エスパイ」、「復活の日」、「汚れた英雄」など。

 

 

私生活では1988年にモデルの大塚悦子と結婚し息子と2人の娘をもうけ、長女はタレントの紅蘭、次女は女優の草刈麻有。

 

 

20152月にラッパーだった長男の草刈雄士を転落事故で亡くしている。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:北九州市立中島小学校

 

 

草刈正雄さんの出身小学校は、地元北九州市の公立小学校の中島小学校です。

 

前記の通り草刈さんの父親はおらず、母子家庭だったことから、子供の頃から学生時代はかなり経済的に苦しい生活をしています。

 

 

母親は雑貨の卸会社に勤務していましたが、六畳間ひと間の部屋で暮らしていました。

 

草刈さんも小学生の頃から新聞配達をして家計を助けています。

 

子供の頃からスポーツが得意で活発な少年でしたが、ハーフであったことでたびたびイジメにも遭っています。

 

当時は「バービー」の愛称で呼ばれていました。

 

 

出身中学校:北九州市立白銀中学校

 

 

草刈正雄さんは小学校卒業後は、地元の公立校の白銀(しろがね)中学校に進学しています。

 

中学時代には牛乳配達もはじめており、アルバイトで稼いだお金で、家のテレビと自転車を買っています。

 

また当初は野球部にも入部していましたが、アルバイトが多忙だったようで途中で部活動は辞めてしまっています。

 

また意外にも当時は女子生徒と話すが苦手だったとのこと。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 小倉西高校 定時制(転出) 偏差値不明

後に都立青山高校の定時制に編入し卒業

 

 

草刈正雄さんが入学したのは、県立の共学校の小倉西高校の定時制です。

 

同校は1898年開校の伝統校で、全日制の偏差値は58程度の高校です。

 

草刈さんは中学卒業後は本のセールスマンとして就職し、夜は同校で学ぶという生活をしていました。

 

営業マンとしては優秀で、歩合給だけで当時の大学卒の初任給以上の給料を稼いだと語っています。

 

しかも高校時代は軟式野球部に所属して、ファーストやライトを守って定時制高校の全国大会まで進んでいます。

 

定時制の高校だったことから当時は夜9時から2時間ほどしか練習ができなかったとのことです。

 

その後、高校2年生の時にスカウトされて上京し、青山高校の定時制に編入し、高校3年生の時にモデルとしてデビューしています。

 

なお小倉西高校の定時制は2007年に、青山高校の定時制は2008年に閉校しています。

 

当時の偏差値は不明ですが、かなり低かったと思われます。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:放送大学 教養学部 偏差値なし

 

 

草刈正雄さんは高校卒業後は、放送大学に進学します。

 

同大はテレビあるいはラジオを通じて講義がおこなわれる大学で、卒業すれば一般の大学と同じように大卒の資格を得ることができます(現在ではインターネットを通じた授業もある)。

 

また希望すればほぼ無試験で入学ができるので、偏差値はありません。

 

「日本で一番入るのが簡単な大学」とされていますが、卒業するのはなかなか困難で、4年間で卒業できるのは全体のわずか5%程度と言われています。

 

仕事の傍らで大卒の資格を取得できるので芸能人や有名人も多く在籍していますが、卒業したのは志村けんさんや滝藤賢一さんらごくわずかに留まります。

 

草刈さんは芸能活動の傍ら、同大の講義をコツコツと継続し、年数は不明ですが無事に卒業しています。

 

しかも比較的デビューからすぐに売れっ子になっており、芸能活動も多忙を極めたと思われますので、これは立派です。

 

経済的に困窮して高校も定時制でしたが、もともと学力は高いようですし、高い向学心も兼ね備えているようです。

 

かつてはイケメンで鳴らしましたが、現在は様々な役柄を器用にこなせるバイプレーヤーとして多くのドラマや映画に出演しています。

 

またNHKの大河ドラマ「真田丸」の演技が評価されて、このところは多くのテレビドラマに起用されています。

 

苦労人だけあって、末永い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ