岸谷香の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

岸谷香(きしたに かおり)

 

 

1967217日生

 

広島県出身(東京都育ち)のシンガーソングライター

プリンセスプリンセスのボーカル

本名(旧姓)及び旧芸名は奥居香

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

弟がいる。

 

1983年にオーディションに合格して、今野登茂子や中山加奈子らとバンド「赤坂小町」を結成。

 

 

1986年にバンド名を「プリンセスプリンセス」に改名して、ミニアルバム「Kissで犯罪」でメジャーデビュー。

 

1989年に7thシングル「Diamonds」がオリコン1位の大ヒット。

 

 

以降も「世界で一番熱い夏」や「ジュリアン」、「KISS」などの楽曲がヒットするも、1996年に解散。

 

 

1994年に「奇跡の時」をリリースしてソロ活動を開始。

 

私生活では1996年に俳優の岸谷五朗と結婚し、一男一女を出産している。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 玉川聖学院高校(中退) 偏差値51(普通)

 

岸谷香さんが入学したのは、私立の女子校の玉川聖学院高校です。

 

同校は1943年創立のキリスト教系のミッションスクールです。

 

岸谷さんは東京学芸大学附属世田谷中学校(偏差値69)出身ですが、中学時代から音楽活動にのめり込んでいたため東京学芸大学附属高校(偏差値76)には進学できずに(内部進学にも厳しい試験がある)同校に進学しています。

 

高校2年生の時に「プリンセスプリンセス」の前身の「赤坂小町」を結成し、芸能活動を開始したため同校を中退

 

その後は当時の芸能人御用達だった明治大学附属中野高校の定時制(偏差値40)に編入しましたが、出席日数が56日足りずに最終的にはこちらも中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

とは言え、「プリンセスプリンセス」はヒット曲を連発してブレイクし、リードボーカルとしてバンドをけん引。

 

バンドは音楽的な方向性の違いで解散してしまいますが、ソロに転身してからも相変わらずの人気を誇ります。

 

また東日本大震災をきっかけにバンドは再結成を果たして、ファンを喜ばせました。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、末長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ