今井月の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

今井月(いまい るな)

 

 

2000815日生

身長164㎝、体重51kg

 

岐阜県出身の競泳選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は父親と2歳年上の兄(母親は亡くなっている)。

 

父親は日本人、母親がフィリピン人のハーフ。

 

3歳の時から兄の影響で水泳をはじめて、12歳だった20134月に出場した日本選手権200m平泳ぎで3位となる。

 

 

201411月の競泳ワールドカップ200m平泳ぎで準優勝。

 

20164月の日本選手権200m個人メドレーで2位となり、リオデジャネイロオリンピックへの出場を内定。

 

オリンピックでは200m個人メドレーで準決勝で敗退した。

 

 

20166月から「コカ・コーラスポーツクラブ」の第1号選手となった。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 豊川高校 スポーツ選抜コース 偏差値44(容易)

 

今井月さんの出身校は、私立の共学校の豊川高校です。

 

同校はスポーツコースを設置していることから、水泳部や駅伝部が県内では強豪として知られています。

 

今井さんは岐阜市立七郷小学校から岐阜市立岐阜西中学校を経て、同校に進学しています。

 

 

小学校6年生の時に4種目で学童記録を更新するなど、競泳選手として早くから注目されてきました。

 

中学1年生で日本選手権で3位となり、以降は国際大会も経験。

 

高校ではより高いレベルの環境を求めて、同校に越境入学しています。

 

高校時代も進化を続け、リオデジャネイロオリンピックにも出場。

 

オリンピックでは決勝進出はできませんでしたが、次の東京オリンピックでは有力なメダル候補のひとりとして名前が挙がっています。

 

これだけの逸材ですから複数の大学から勧誘を受けましたが、20184月に進学先の大学は東洋大学に決まりました。

 

選手としての実力はもちろんのこと、その美貌でもたびたび話題を集めています。

 

年齢的にも競泳選手としてまだまだ成長するでしょうし、親友でもある池江璃花子選手としのぎを削って大きな進化を遂げてほしいところです。

 

今後のさらなる大活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ