ケンブリッジ飛鳥の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

ケンブリッジ飛鳥(けんぶりっじ あすか)

 

 

1993531日生

身長180㎝、体重76

 

ジャマイカ出身(大阪府育ち)の陸上選手

本名はケンブリッジ飛鳥アントニオ

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父はジャマイカ人、母が日本人で妹がいる。

 

小学生の時はサッカーをやっており、中学時代から陸上に転向。

 

2013年の東アジア大会200mで優勝して、初の国際大会制覇。

 

2015年の織田記念国際グランプリ100mで桐生祥秀らを破って初優勝し、日本代表入りを打診される(足の故障で辞退)

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは100mは準決勝で敗退するも、男子4×100mリレーで銀メダルを獲得。

 

 

同年12月にプロ転向を表明した。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京高校 偏差値54(普通)

 

ケンブリッジ飛鳥さんの出身校は、私立の共学校の東京高校です。

 

同校は1872年創立の伝統校で、陸上部やラグビー部、テニス部などが強豪として知られています。

 

ケンブリッジさんは大阪市立淀川小学校から大阪市立淀川中学校に進学。

 

中学校時代に家族で東京に移ったので、江東区立深川第三中学校に転校して、同校に進学しています。

 

中学生の頃から陸上競技をはじめ、中学校3年生の時には全日本中学校選手権にも出場しました。

 

高校時代も陸上部に所属していますが当初はケガに悩まされて、思うように記録が伸びませんでした。

 

高校3年生の時にようやくインターハイのリレーで日本一になって、日本ジュニア選手権の200mも制しています。

 

 

【主な卒業生】

立川談志(落語家)

MAKIDAIEXILE

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:日本大学 文理学部体育学科 偏差値50(普通)

 

ケンブリッジ飛鳥さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

一般受験ではなく、陸上でのスポーツ推薦での進学です。

 

大学時代も陸上部に所属しており、大学2年生の時に父親の母国であるジャマイカに留学。

 

世界的なランナーのウサイン・ボルト選手の担当コーチに指導を受けて、帰国後に肉体改造をおこなうと、ようやく才能も開花に向かいます。

 

大学4年生の時に桐生祥秀選手を破って注目されると、実業団1年目にオリンピックに選出されて、リレーで見事に銀メダルを獲得しました。

 

現在も東京オリンピックの有力候補として名前があがるほどで、今後のさらなる成長にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ