原日出子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

原日出子(はら ひでこ)

 

 

19591110日生

身長156

 

東京都出身の女優、タレント

本名は馬込典子(結婚前)

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がいる。

 

当初は劇団四季の研究生。

 

1979年の映画「夕焼けマイウェイ」で女優デビュー。

 

1980年の「特捜最前線」でテレビドラマ初出演。

 

1981年にNHKの朝ドラ「本日も晴天なり」のヒロインに抜擢されてブレイク。

 

 

同時期に歌手としてもデビューして、シングル3枚をリリースしている。

 

 

以降は数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「徳川家康」や「3B組金八先生シリーズ」、「信濃のコロンボシリーズ」など。

 

 

「雪の花」や「育子からの手紙」などの映画に主演している。

 

私生活では1983年に一般人男性と結婚したが、1987年に離婚。

 

1994年に俳優の渡辺裕之と再婚した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 久留米西高校 偏差値46(やや容易)

 

原日出子さんの出身校は、都立の共学校の久留米西高校です。

 

同校は部活動が盛んで、サッカー部は都立の強豪として知られています。

 

原さんは小平市立小平第三小学校から武蔵野市立第四中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学生の頃からお転婆な少女で、中学時代は剣道部に所属していました。

 

高校時代も活発でサッカー部のマネージャーを務める傍ら、演劇部や映画研究部などにも所属。

 

それ以外にもロックバンドのボーカルを務めるなど、かなりアクティブな高校時代でした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:日本工学院専門学校(中退) 偏差値なし

 

原日出子さんは高校卒業後は、日本工学院専門学校に進学しています。

 

同校は1976年に開校した専門学校で、演技やアニメ、ダンスや保育など多彩なジャンルを学べることで知られています。

 

原さんは同校の演技科に在籍していましたが、後に女優デビューしたことから同校は中退しています。

 

20歳で女優デビューを果たすと、22歳の時にはNHKの朝ドラのヒロインに起用されてブレイク。

 

以降の活躍は周知の通りで、人気女優として長らく多くのテレビドラマや映画に出演しています。

 

またタレントとしても活動しており、クイズ番組やバラエティー番組でもちょくちょく顔を見ることがあります。

 

現在でも根強い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ