杉田水脈衆議院議員の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

杉田水脈(すぎた みお)

 

 

1967422日生

 

兵庫県出身の政治家

自由民主党所属の衆議院議員

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

19904月に積水ハウス木造に入社。

 

19924月より西宮市役所に勤務して、総務局職員厚生課や総合企画局政策担当課などを歴任。

 

2010年に西宮市役所を退職してみんなの党兵庫6区支部長に就任するも、維新政治塾に参加した後に日本維新の会にくら替え。

 

 

2012年の衆議院議員選挙に出馬して小選挙区では落選するも、比例区で復活当選。

 

201710月の衆議院議員選挙では自由民主党から比例区のみで出馬して再選を果たす。

 

 

20187月に「同性愛者は生産性がない」との発言が物議を醸す。

 

 

私生活では1993年に結婚して娘がいる。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 親和女子高校 偏差値60(やや難関)

 

杉田水脈さんの出身校は、私立の女子校の親和女子高校です。

 

同校は1887年開校の伝統校で、地元では「お嬢様学校」として知られています。

 

杉田さんは系列の親和中学校(偏差値61)から同校に内部進学しています。

 

杉田さんの高校時代の情報は皆無で高校生活の詳細も不明ですが、中学・高校時代はアニメや特撮ものにハマっていたと語っています。

 

【主な卒業生】

藤原紀香(女優)

小原正子(お笑い)

平松愛理(歌手)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:鳥取大学 農学部林学科 偏差値48(やや容易)

※現在は生物資源環境学科

 

杉田水脈さんは高校卒業後は、国立の鳥取大学に進学しています。

 

農学部に在学して、大学2年生の時には交流のあったアメリカのネバダ大学に語学研修のため短期留学をしています。

 

大学卒業後はハウスメーカーに就職しますが2年で退職して、西宮市役所に勤務。

 

42歳の時に政治家を志して市役所を退職しています。

 

当初はみんなの党に入党しましたが、日本維新の会に転じて初当選。

 

その後も次世代の党、日本のこころを大切にする党、日本のこころ、自由民主党と目まぐるしく所属政党を変えながら再選を果たしています。

 

LGBT(同姓愛者)に関する発言でマスコミをにぎわせており、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ