小沢仁志の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

小沢仁志(おざわ ひとし)

 

 

1962619日生

身長180

 

東京都出身の俳優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2歳年下の弟は俳優の小沢和義。

 

1983年にテレビドラマ「太陽にほえろ」で端役として俳優デビュー。

 

1984年の「スクール☆ウォーズ」で連続ドラマ初レギュラー。

 

 

1985年に出演した映画「ビー・バップ・ハイスクール」で知名度が上昇。

 

 

1988年のロマンポルノ「BURAIの女」で映画初主演。

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「ずっとあなたが好きだった」や「エリートヤンキー三郎」、「八重の桜」など。

 

 

「代打教師秋葉、真剣です!」や「3-4X10月」、「新・仁義なき戦い」などの映画にも出演している。

 

Vシネマへの出演が多いことでも知られている。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 駿台学園高校 偏差値30台後半(当時)

 

小沢仁志さんの出身校は、私立の共学校の駿台学園高校です。

 

同校は「駿台」の名前がつきますが、駿台予備校とはいっさい関係がありません。

 

また近年は特進コースなどを設置したため偏差値も4556程度になっていますが、小沢さんが在籍したことは現在よりもレベルは低いものでした。

 

渋谷区立代々木中学校から同校に進学しています。

 

中学時代はお笑いタレントの野沢直子さんと同級生でした。

 

小沢さんは幼少期から空手や野球に取り組むなど、スポーツは得意でした。

 

小沢さんが在籍した当時の同校はかなり荒れており、小沢さんも不良で鳴らしています。

 

しかしプライベートや過去をあまり語らないことから、高校時代の情報はあまり多くありません。

 

 

【主な卒業生】

大仁田厚(元プロレスラー・定時制)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

小沢仁志さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

チャップリンの映画を観たことで俳優を志し、21歳の時にデビューを飾っています。

 

以降はテレビドラマや映画で不良やヤクザを演じて、数多くの作品に出演。

 

またVシネマへの出演も多く、哀川翔さんと並んで「Vシネマの帝王」の異名をとるほどでした。

 

さらには俳優業に加えて映画監督を務めるなど、マルチに活動しています。

 

根強い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ