赤井英和の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

赤井英和(あかい ひでかず)

 

 

1959817日生

大阪府出身の俳優、タレント

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、姉と兄がいる。

 

当初はボクサーとして活躍して、「浪速のロッキー」の異名をとる。

 

110629_0235~0001

 

19852月にKO負けした際に、脳挫傷などを発症してボクサーを引退。

 

1988年の映画「またまたあぶない刑事」で俳優デビュー。

 

1989年の主演作の映画「どいたるねん」の演技が好評で、各映画賞の新人賞を受賞。

 

 

1991年の大河ドラマ「太平記」で連続ドラマ初出演。

 

1994年の「人間・失格」で連続ドラマ初主演。

 

 

以降も「セカンド・チャンス」や「奇跡のロマンス」、「最高の食卓」などの連続ドラマに主演。

 

タレントとしても活動しており、「ごきげん!ブランニュ」や「なないろ日和」などの番組に出演。

 

 

離婚歴があり、前妻との間に二女、現在の妻との間に二男一女がいる。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 浪速高校 偏差値40台半ば程度(当時)

 

赤井英和さんの出身校は、私立の男子校(当時)の浪速高校です。

 

同校は現在は共学化され、特進コースなども設置されて偏差値も5065程度ですが、赤井さんが在籍した頃はさほどレベルは高くありませんでした。

 

大阪市立金塚小学校から大阪市立今宮中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学生の頃は成績優秀で、学級委員をするなど責任感も強い生徒でした。

 

中学・高校時代は喧嘩に負けたことがなく、大阪中に名前が知れ渡っていましたが、自分よりも弱い相手には手を出さないなど、硬派の不良で知られていました。

 

高校ではボクシング部に所属して、インターハイで優勝するなど輝かしい成績を残しています。

 

 

【主な卒業生】

藤本義一(小説家)

笑福亭鶴瓶(お笑い)

林家ペー(お笑い)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:近畿大学 商経学部 偏差値50(当時・普通)

 

赤井英和さんは高校卒業後は、近畿大学に進学します。

 

一般入試での入学ではなく、ボクシングでのスポーツ推薦での進学です。

 

赤井さんは当初はアマチュアボクサーとしてモスクワオリンピックを目指しますが、ボイコットのため五輪出場の道を絶たれてしまいます。

 

そのため在学中にプロに転向して、23歳の時にはWBCのタイトルマッチで世界チャンピオンにも挑戦しています(7RTKO負け)

 

リング禍によってボクサーは引退しますが、その後に俳優に転身すると瞬く間にスターの階段を駆け上がっていきました。

 

現在では主に関東では俳優、関西ではタレントとして活動しており、未だに高い人気を誇っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ