長山藍子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

長山藍子(ながやま あいこ)

 

 

1941621日生

身長159㎝、体重59

 

中国モンゴル自治区出身(東京・静岡育ち)の女優

本名同じ

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの長女。

 

1963年に俳優座養成所を卒業して、劇団新人会に参加。

 

1964年の「愛と死をみつめて」でテレビドラマ初出演。

 

1970年に映画「男はつらいよ」、テレビドラマ「ありがとう」に出演して注目される。

 

 

同年に「ひとめぼれの歌」で歌手デビューして、シングル2枚とアルバム2枚をリリースしている。

 

 

1979年から「クイズダービー」にレギュラー出演(1981年まで)

 

1990年から2016年まで出演した「渡る世間は鬼ばかり」は代表作となる。

 

 

私生活では1997年に15歳年下の俳優・武正忠明と結婚している。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:静岡県 三島北高校 偏差値63(現在・やや難関)

 

長山藍子さんの出身校は、県立の女子校(当時)の三島北高校です。

 

同校は1901年に女学校として開校して長らく女子校でしたが、2004年に共学化しています。

 

長山さんは中国内モンゴルのフフホト市で生まれ長春で育っていますが、4歳で終戦を迎えて日本に帰国。

 

東京の私立の成蹊小学校から成蹊中学校に進学しましたが、中学2年生の時に父親が病気で他界。

 

そのため一家で熱海の叔母の家に身を寄せたため、高校は同校に進学しています。

 

子供の頃から芝居に親しんで、小中学校の頃は演劇部に所属していますが、高校時代の情報はほとんどありません。

 

【主な卒業生】

富士真奈美(女優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

長山藍子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優座の養成所に入所しています。

 

学生時代から女優になることを志し、養成所卒業後は劇団に所属して舞台女優としてキャリアをスタートさせます。

 

以降は数多くのテレビドラマや映画に出演し、「クイズダービー」ではお茶の間の人気者になりました。

 

またプロデューサーの石井ふく子さんが手掛ける作品に多く主演し、当たり役となった「渡る世間は鬼ばかり」には26年にもわたり出演してきました。

 

既に年齢は70歳を超えていますがファンも多い女優ですので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ