松居直美の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

松居直美(まつい なおみ)

 

 

1968114日生

身長159

 

茨城県出身のタレント、歌手、女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長女で、弟と2人の妹がいる。

 

1981年にテレビ番組「歌まね振りまねスター挑戦!」に出演したことがきっかけでスカウトされる。

 

1982年に1stシングル「電話のむこうに故郷が」で、アイドル演歌歌手としてデビュー。

 

 

同年にバラエティー番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」に出演してブレイク。

 

 

同番組の出演者の生田悦子と小柳友貴美とともに「よせなべトリオ」を結成し、デビュー曲「大きな恋の物語」はオリコン8位のヒットを記録。

 

 

またモノマネが得意で、松本明子らとともに「女四天王」と呼ばれる。

 

1994年からトーク番組「おそく起きた朝は…」に出演。

 

 

1995年にADの男性と結婚し息子をもうけたが、2003年に離婚した。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:明治大学附属中野高校 定時制(中退) 偏差値40(容易)

※後に通信制の東海大学望星高校に入学し直すも中退

 

松居直美さんが入学したのは、明大中野高校の定時制課程です。

 

同校の定時制課程は2003年の閉校まで堀越高校と並んで、数多くの芸能人を輩出してきたことで知られていました。

 

松居さんは谷田部町立島名小学校から谷田部町立高山中学校(いずれも現在はつくば市立)に進学しましたが、中学校2年生の時に芸能界入り。

 

そのため港区立赤坂中学校に転校して、同校に進学しています。

 

しかし中学3年生の時に出演した「欽ドン」で大ブレイクを果たしたため、高校時代もかなり仕事で多忙だったらしく、同校は1年生の1学期に中退しています。

 

その後に通信制の東海大望星高校に入学し直しましたが、そちらも結局は中退しており、大学などにも進学していません。

 

とは言えその後の活躍は目覚ましく、モノマネタレントや歌手、女優としてかなりマルチに活動して多くのテレビ番組に出演してきました。

 

幅広い年齢層に支持されている人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ