萩野公介の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

萩野公介(はぎの こうすけ)

 

 

1994815日生

身長177㎝、体重71

 

栃木県出身の競泳選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親(ひとりっ子)

 

2010年の日本選手権400m個人メドレーで2位となり、同年のパンパシフィック選手権の日本代表となる。

 

2012年のロンドンオリンピックでは400m個人メドレーで3位に入り、男子メドレー種目で日本人初のメダルを獲得。

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは400m個人メドレーで金メダル、200m個人メドレーで銀メダル、800mリレーで銅メダルを獲得する快挙を成し遂げる。

 

 

同年11月に紫綬褒章を受章。

 

2017年にプロスイマーに転向した。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:栃木県 作新学院高校 英進選抜 偏差値60(やや難関)

 

萩野公介さんの出身校は、私立の共学校の作新学院高校です。

 

同校は日本でも最大規模のマンモス校で、ピーク時には1万人の在校生がいました。

 

またスポーツが盛んなことでも知られており、硬式野球部は甲子園の常連です。

 

同校は10以上のコースを設置しており、特進コースにあたるトップ英進コースは偏差値70程度ですが、多くのコースは偏差値4142程度です。

 

しかし萩野さんは進学コースのひとつである英進選抜コースに在籍しており、勉強も得意だったようです。

 

名古屋市立御器所(ごきそ)小学校から系列の作新学院中等部(偏差値48)を経て、同校に進学しています。

 

高校時代は水泳部には所属せずに、御幸ヶ原スイミングスクールで練習を重ねています。

 

また高校時代に競泳選手として飛躍的な成長を遂げて、ロンドンオリンピックで銅メダルを獲得しています(高校生選手では56年ぶりのメダル)

 

 

【主な卒業生】

江川卓(元プロ野球選手)

斉藤和義(シンガーソングライター)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:東洋大学 文学部英語コミュニケーション学科 偏差値53(普通)

 

萩野公介さんは高校卒業後は、東洋大学に進学しています。

 

大学時代も進化を遂げて、大学4年生の時に出場したリオデジャネイロオリンピックでは悲願の金メダルを獲得しています。

 

大学卒業後はプロの競泳選手に転向するとともに、地元の栃木県のFMでパーソナリティを務めるなど、ユニークな活動も展開しています。

 

東京オリンピックでも活躍が期待されているだけに、さらなる進化に期待も高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ