寺川綾の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

寺川綾(てらかわ あや)

 

 

19841112日生

身長174㎝、体重60kg

 

大阪府出身のタレント、スポーツキャスター、元競泳選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3歳から水泳をはじめて、2001年の世界選手権に出場して「美人女子高生スイマー」として注目される。

 

 

2002年のパンパシフィック水泳の200m背泳ぎで2位となって、国際大会で初のメダル獲得。

 

2004年のアテネオリンピックに出場して、200m背泳ぎで8位入賞。

 

その後はやや低迷するも、2011年の世界選手権の50m背泳ぎで銀メダルを獲得。

 

 

2012年のロンドンオリンピックでは100m背泳ぎと4×100mメドレーリレーで銅メダルを獲得。

 

 

2013年に競技活動から卒業。

 

2014年に元競泳選手の細川大輔と結婚し、10月に長女を出産。

 

20164月から「報道ステーション」のスポーツキャスターを担当。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 近畿大学附属高校 偏差値6170(現在)

 

寺川綾さんの出身校は、私立の共学校の近大附属高校です。

 

同校は部活動が盛んで、水泳部やサッカー部、硬式野球部などが府内でも強豪として知られています。

 

またこのところ特進コースなどを設置して偏差値も向上していますが、寺川さんの在籍時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

大阪市立松虫中学校から同校に進学しています。

 

高校時代は高校の水泳部ではなく、幼少期から所属していたイトマンスイミングスクールで練習をしています。

 

寺川さんは高校2年生の時に出場した世界水泳で「美人スイマー」として、伊藤華英(東京成徳大学高校)さんとともに注目されています。

 

同じ種目でライバル関係にあった伊藤さんとは高校時代から仲が良く、現在でも親友の間柄です。

 

寺川さんは体重が落ちやすい体質だったので、学生時代は1日平均4000カロリー分の食事を摂取していました。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

入江陵介(競泳選手)

小藪千豊(お笑い)

つんく(ミュージシャン)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:近畿大学 法学部 偏差値54(普通)

 

寺川綾さんは高校卒業後は、系列の近畿大学に内部進学しています。

 

大学2年生の時にアテネオリンピックに出場しますが、以降は低迷し日本代表からも漏れることもありました。

 

大学卒業後はミズノに入社して競技活動を継続しますが徐々に復活していき、27歳で出場したロンドンオリンピックでは2個の銅メダルを獲得する快挙を遂げています。

 

第一線から退いた後はタレントやスポーツキャスターとして活動を開始して、お茶の間の人気者となっています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ