長山洋子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

長山洋子(ながやま ようこ)

 

 

1968113日生

身長156

 

東京都出身の歌手、女優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の妹。

 

1984年に1stシングル「春はSA-RA SA-RA」でアイドル歌手としてデビュー。

 

 

1985年の「ヤヌスの鏡」でテレビドラマ初出演。

 

1986年に「ヴィーナス」がヒットしてブレイク。

 

 

1988年の「恋子の毎日」で映画初主演。

 

 

1993年に演歌歌手に転向し、「蜩」がヒットしてNHK紅白歌合戦にも出場。

 

 

以降も「捨てられて」や「たてがみ」などの楽曲がヒット。

 

「はるちゃん6」や「水戸黄門」などのテレビドラマにも出演した。

 

私生活では2009年に人材派遣会社を経営するアメリカ人男性と結婚し、2010年に娘を出産した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 芸能活動コース 偏差値37(かなり容易)

※現在はトレイトコース

 

長山洋子さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

中学生の頃にスカウトされて芸能事務所入りし、高校でのデビューが決まっていたことから、より幅広く芸能活動ができる同校の芸能コースに進んでいます。

 

大田区立東蒲中学校より同校に進学しました。

 

長山さんは中学生の頃はテニス部に所属する傍ら、リレーの選手として活躍するなどスポーツは得意でした。

 

堀越高校時代は南野陽子さんやいしのようこさん、本田美奈子さんや永瀬正敏らが同級生だった豪華な世代です。

 

 

当初は演歌歌手としてデビューする予定でしたが、高校2年生の時にアイドル歌手としてデビューしています。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

長山洋子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した年に「ヴィーナス」がヒットして、アイドルとしてブレイク。

 

アイドルとしての人気は長続きしませんでしたが、25歳で演歌歌手に転向すると再ブレイクを果たしています。

 

以降はコンスタントにヒットを飛ばして、人気歌手の地位も築きました。

 

演歌界では未だに高い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ