檀れいの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

檀れい

 

檀2

 

197184日生

身長162

 

兵庫県出身の女優

本名は及川(旧姓山崎)まゆみ

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1992年に宝塚歌劇団に入団し、「この恋は雲の涯まで」で初舞台。

 

1998年の「浅茅が宿」で初めてヒロインに抜擢され、翌年から

真琴つばさの相手役として月組のトップ娘役となる。

 

檀1

 

その後は「王家に捧ぐ歌」や「花舞う長安」などに出演後、

2005年の「長崎しぐれ坂」をもって退団。

 

同年の「夜叉が池」で宝塚以外の初の舞台出演。

 

2006年の「武士の一分」で映画初出演し、日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

翌年の「陽炎の辻」でドラマ初出演。

 

2007年の「父からの手紙」でドラマ初主演。

 

2010年の「八月の蝉」で連続ドラマ初主演。

 

その後も「平清盛」や「ルーズヴェルト・ゲーム」、「ヒガンバナ」

「マザー・ゲーム」などの人気作の連続ドラマに出演。

 

私生活では2011年に歌手で俳優の及川光博と結婚。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 浜坂高校 偏差値42(容易)

 

檀れいさんの出身校は、県立の共学校の浜坂高校です。

 

檀さんは兵庫県の温泉町出身で、地元の温泉中学校を経て

同じく地元の同校に進学しています。

 

子供の頃に見た映画の影響で女優に憧れていましたが、

高校時代はソフトボール部に所属するなど体育会系の一面も

のぞかせています。

 

一方で地元では当時から評判の美人女学生として知られ、

高校時代にはファッション誌の読者モデルも務めていました。

 

檀

 

学歴~出身大学

 

出身大学:各種学校 宝塚音楽学校 超難関

 

檀れいさんは高校卒業後は、の宝塚音楽学校に入学します。

 

同校は2年制の宝塚歌劇団の養成所で、ピーク時には倍率は50倍近くも

ありましたが、現在は25倍程度で推移しています。

 

とは言え容姿の端麗さが求められ、ほとんどの受験生が宝塚対策の

バレエスクールなどに通っていることから、かなりの競争率で

狭き門となっています。

 

同校の入学資格は義務教育の終了時の15歳から18歳までですが、

檀さんはギリギリの18歳の時に合格しています。

 

その後同校の過程を修了して宝塚歌劇団に入団しますが、

入団後の成績は芳しくなく、当初は40人中40番と最下位に低迷します。

 

しかしその後の努力の甲斐もあって、宝塚では最終的にはトップ娘役まで

上り詰めますし、退団後の活躍も周知の通りです。

 

役柄に対してかなりのストイックな姿勢で臨むことで知られていますし、

名うての演技は女優ですから、末永い活躍を期待したいものです。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ