ゆかりの小雪の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

ゆかりの小雪(ゆかりの こゆき)

 

 

199398日生

身長160

 

大阪府出身のタレント

旧芸名は紫乃小雪(ゆかりの こゆき)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2012年に宝塚歌劇団に第98期生として入団し、同期には真彩希帆らがいる。

 

同年の「華やかなりし日々」で初舞台。

 

2016年の「NOBUNAGA」で初のヒロインを務める。

 

 

201710月の「All for One」の公演をもって宝塚歌劇団を退団。

 

 

20184月より芸名を「ゆかりの小雪」に変更して、タレントとして活動を開始。

 

「さんま御殿」や「ミラクル9」などのテレビ番組に出演している。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 帝塚山学院高校(中退) 偏差値5058

 

ゆかりの小雪さんの出身校は、私立の女子校の帝塚山(てづかやま)学院高校です。

 

同校は府内でも有数の「お嬢様学校」として知られ、資産家の子女が多数通学していることで知られています。

 

また同校は関学(偏差値58)、プルミエ・エトワール(同51)、美術・音楽(同50)の3つのコースを設置していますが、ゆかりのさんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

出身中学校は系列の帝塚山学院中学校(偏差値55)が有力です。

 

ゆかりのさんの実家は裕福で、高島屋の外商が来るほどです。

 

高校1年生の終わりに宝塚音楽学校に合格したため、同校は中退しています。

 

以降は宝塚音楽学校に入学したため、大学などには進学していません。

 

(宝塚音楽学校時代)

 

宝塚歌劇団入団後は約6年間にわたって娘役として活躍してきましたが、24歳の若さで宝塚を退団しています。

 

退団する際にはかなり悩んだそうですが、バラエティータレントになりたいという気持ちが強かったことから大きな決断をしました。

 

タレント転向後に出演したテレビ番組では、天然系の強烈なキャラクターで話題を呼びました。

 

今後はさらにメディアへの露出が増えていくことは確実視されており、さらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ