奥山佳恵の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

奥山佳恵

 

奥山

 

1974311日生

身長167

 

東京都出身のタレント、女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長女で、8歳年下の弟と16歳年下の弟と妹がいる。

 

1990年にオーディションに合格して芸能界入り。

 

1992年のドラマ「東京エレベーターガール」で女優デビュー。

 

同年に主演作「喜太郎の十五少女漂流記」で映画初出演し、

日本アカデミー賞新人賞も受賞。

 

1993年の連続ドラマ「悪魔のKISS」の主演に抜擢されて知名度を上げる。

 

奥山2

 

同作には後に人気女優となる常盤貴子や深津絵里が脇役で出演していた。

 

またバラエティー番組への出演も多く、「笑っていいとも!」や

「平成教育委員会」、「ボキャブラ天国」などの人気番組に出演した。

 

その後も「ナースのお仕事」や「愛の流星」などの連続ドラマに出演。

 

2003年に「FUTARI」で舞台初出演。

 

2007年には昼ドラの「キッパリ!!」に久しぶりに主演し、続編も製作されたが、

共演者の加勢大周が逮捕されたため打ち切りの憂き目に遭う。

 

現在はタレント業が中心でバラエティー番組や子育て番組に出演。

 

私生活では2001年にヘアメイクアーティストと結婚し、二児の母親。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 深沢高校 偏差値43(容易)

 

奥山佳恵さんの出身校は、都立の共学校の深沢高校です。

 

目黒区立第三中学校から同校に進学しています。

 

中学時代はテニス部で、高校時代は剣道部に所属するなどスポーツが得意で

運動神経もいいようです。

 

高校2年生の時にオーディションに合格して芸能事務所入りしますが、

当時は実家の中華料理屋を真剣に継ごうと思ったこともあったようです。

 

また健康的で屈託ない明るいキャラクターで知られていますが、

学生時代から性格が非常によく、友達も多かったとのこと。

 

【主な卒業生】

吉高由里子(女優・後に転出)

都並敏史(元サッカー日本代表)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

奥山佳恵さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念します。

 

通学していた高校のレベルや既に芸能事務所入りをしていたことを考えれば、

大学に進学するつもりはなかったようです。

 

とは言え、19歳の時に主演した連続ドラマ「悪魔のKISS」でブレイクし、

その後はドラマやバラエティー番組で活躍しました。

 

その後結婚しましたが、子どもがダウン症を患うなど決して順風満帆では

なかったようです。

 

しかしそれにめげることもなく事実を公表し、子育て番組などでも

活躍しています。

 

奥山1

 

どこまでも前向きな奥山さんには末永く活躍してほしいところです。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ