窪塚洋介の学歴と経歴|出身高校と大学の偏差値

窪塚洋介

 

窪塚

 

197957日生

身長177

 

神奈川県出身の俳優、歌手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

高校生だった1995年から「ヨースケ」名義で活動をはじめ、ドラマ

「金田一少年の事件簿」で俳優デビュー。

 

1996年の「MIDORI」で映画初出演。

 

1998年のドラマ「GTO」の演技で注目される。

 

その後「少年H」や「池袋ウエストゲートパーク」、「ストロベリー・オン・

ザ・ショートケーキ」などの話題作の連続ドラマに出演。

 

2001年の「GO」で映画初主演し、以降も「ピンポン」や「凶器の桜」などの

映画に立て続けに主演。

 

同年の「もう一度キス」で連続ドラマ初主演を果たすと、「ナンバーワン」や

「ロング・ラブレター」などの人気作の連ドラに主演。

 

2004年にマンションの9階から転落し重体になるも、奇跡的に一命をとりとめる。

 

2006年からレゲエ歌手卍LINEとして活動を開始。

 

窪塚1

 

2010年の「血は立ったまま眠っている」で舞台初出演。

 

2017年にマーティン・スコセッシ監督の「沈黙-サイレンス-」で

ハリウッド映画デビュー。

 

私生活では2003年に一般人の女性と結婚して長男が誕生するも、

20126月に離婚。

 

2016年にレゲエダンサーのPINKYと再婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 横須賀高校 偏差値66(難関)

 

窪塚洋介さんの出身校は、県立の共学校の横須賀高校です。

 

同校は古くから進学校として知られ、ノーベル賞を受賞した小柴昌俊さんや

総理大臣を歴任した小泉純一郎さんの母校でもあります。

 

窪塚さんは一般受験で同校に進学しているので相当の学力がありましたし、

弟で俳優の窪塚俊介さん、同じく末弟のミュージシャンのRUEEDさんも

同校に進学するほど優秀です。

 

ちなみに窪塚さんのお父さんは東大卒のエリートサラリーマンです。

 

ところが高校時代はナンパやゲームなどに熱中し、あまり学業へは

真面目に取り組まなかったことから成績は非常に悪かったといいます。

 

 学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

窪塚洋介さんは高校卒業後は大学に進学せず、芸能活動に専念します。

 

高校時代から俳優として活動し、ある程度の人気を得ていたことが理由ですが、

あのような難関進学校に進みながら大学へ進学しないというのは異例の存在

だったはずです。

 

ちなみに弟の俊介さんは慶応大学に、RUEEDさんは明治大学に進学しています。

 

しかしその後は数多くのドラマや映画の話題作に起用され、一躍若手人気俳優と

なります。

 

レゲエミュージシャンや写真家としての活動にウエイトを置いたこともあって、

露出が激減しましたが、巨匠のマーティン・スコセッシ監督の作品に起用されるなど、

やはりその演技力は健在です。

 

頭脳明晰であることは明らかですが、独特の世界観や価値観を持っているので、

今後はどのような活動を展開していくのか興味津々です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ