萩原健一の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

萩原健一(はぎわら けんいち)

 

 

1950726日生

身長174

 

埼玉県出身の俳優、歌手

本名は萩原敬三

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの末っ子で、兄と姉が2人ずついる。

 

1967年にグループサウンズの「ザ・テンプターズ」のボーカルとして、1stシングル「忘れ得ぬ君」でデビュー。

 

 

1970年のグループ解散後は沢田研二らとロックバンド「PYG」を結成(1972年解散)

 

 

1972年の映画「約束」に出演したことがきっかけで、以降は俳優としての活動が中心となる。

 

 

同年に出演した「太陽にほえろ」のマカロニ刑事役で役者としてブレイク。

 

 

以降も「傷だらけの天使」や「前略おふくろ様」、「祭りばやしが聞こえる」などの連続ドラマに主演。

 

 

私生活では3度結婚しており、2番目の妻は女優のいしだあゆみ。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 聖橋高校(中退) 偏差値不明

※現在は閉校

 

萩原健一さんが入学したのは、私立の男子校の聖橋高校です。

 

同校は東京の荒川区にあった私立高校で、1979年に廃校になっています。

 

また当時の偏差値などは不明ですが、あまりレベルの高い高校ではなかったようです。

 

萩原さんは与野町立上落合小学校(現在はさいたま市立)から系列の聖橋中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学生の頃から不良で、当時から「ショーケン」のニックネームで呼ばれています。

 

高校は1年生で中退しており、大学などにも進学していません。

 

17歳で「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビューしていますが、以降の活躍は周知の通りで、全盛期にはアイドル並みの絶大な人気を誇りました。

 

 

またその後は演技派俳優に転身し、数多くのテレビドラマや映画に起用されることになります。

 

さらにはソロ歌手としても成功しており、多方面で活動を展開してきました。

 

現在も俳優や歌手、タレントとして精力的に活動を続けており、年齢を感じさせない活躍をしています。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ