陽月華の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

陽月華(ひづき はな)

 

 

198092日生

身長164

 

東京都出身の女優

本名は梅津洋子

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

20003月に宝塚歌劇団に入団し、「源氏物語 あさきゆめみし」で初舞台。

 

2002年に池田銀行の8代目イメージガールになる。

 

 

2003年の「雨に唄えば」ではじめてヒロインに抜擢される。

 

2007年に大和悠河の相手役としてトップ娘役に就任。

 

 

20097月の「薔薇に降る雨」をもって大和とともに宝塚歌劇団を退団。

 

2010年の「ハンチョウ」でテレビドラマ初出演。

 

2012年の「ミューズの鏡」で映画初出演。

 

以降も「探偵の探偵」や「プリンセスメゾン」、「警視庁・捜査一課長」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

「さんま御殿」や「ミラクル9」などのテレビ番組にも出演している。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 飛鳥高校 偏差値50(普通)

 

陽月華さんの出身校は、都立の共学校の飛鳥高校です。

 

同校は1995年に開校した新しい高校で、都立ではじめて単位制を導入した高校として知られています。

 

陽月華さんは1期生として同校に入学しています。

 

出身中学校は仙台市内とするものや東京の足立区内とするものなど複数の情報があって、特定できませんでした。

 

学生時代は剣道部や水泳部に所属しており、スポーツは得意なようです。

 

中学生の頃から宝塚に興味を持って、高校時代にバレエをはじめて、宝塚を受験すること自体が夢でした。

 

また高校時代には神宮球場でビール売りのアルバイトをして、売上トップになるなど、なかなかたくましい女子高生でした。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

陽月華さんは高校卒業後は、宝塚音楽学校に入学しています。

 

年齢制限により最後の受験の年に見事に合格。

 

宝塚歌劇団でデビュー後は、ダンスの腕前を買われて早くから舞台やショーに出演して注目を集めました。

 

後にトップ娘役まで上り詰めますが、就任からわずか2年半で退団しています。

 

女優に転身後は主にわき役として数多くのテレビドラマや映画に出演して、安定感抜群の演技力で出演作を盛り上げています。

 

未だに根強い人気を誇るだけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ