葵わかなの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代や経歴

人気女優の葵わかなさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。アイドルとして活躍した中学校時代や女優として頭角を現した高校時代など、学生時代のエピソードや情報も併せてご紹介いたします

葵わかな(あおい わかな)

 

葵

 

1998630日生

身長158

血液型はA型

 

神奈川県出身の女優

本名は非公表

以下では葵わかなさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2009年の「霧島の天然水」のCMでデビュー。 

同年のドラマ「サムライ・ハイスクール」で女優デビュー。 

2012年にアイドルグループ「乙女新党」に参加し、20147月まで活動。

2013年の「陽だまりの彼女」で映画初出演。 

その後は「アオイホノオ」や「表参道高校合唱部」の出演を経て、2016年の「女優堕ち」でドラマ初主演を果たす。 

同年の「ホラーの天使」で映画初主演。 

2017年のNHKの朝ドラ「わろてんか」のヒロインに起用された。

 

葵わかなの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:慶応義塾大学 総合政策学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

葵わかなさんは高校卒業後は、慶応義塾大学の総合政策学部に進学します。

 

慶應義塾大学といえば港区の三田に本部がありますが、この総合政策学部と環境情報学部のキャンパスは藤沢市の湘南藤沢キャンパスとなります。

 

葵さんは一般入試での合格ではなく、AO入試での進学です。

 

とは言え、高校時代は芸能活動で多忙なはずですし、入学試験もありますので慶応大学への進学はたいしたものです。

 

大学に進学した理由については葵さんはインタビューで、次のように話しています。

 

「普通に大学ってどんなところなんだろう?と。行かなかったら、一生どんなところかがわからないままなのかなぁと。じゃあ、勉強もそこまで嫌いじゃないし、学ぶことに対して興味があったし、トータルで考えてこの分野なら4年間続けられるという自分のなかでの見通しもできたので、受験してみようかなと思ったんです」

 

幼いころから興味のあった慈善活動について深く学びたいという理由で、この学部に進学しています。

 

大学合格を発表した際には「女優と慈善活動、どちらの夢も成功させたい。進学がはそのための一歩。大変かもしれない迷うことなく進む4年間にしたい。2つの夢がいつか交わる点を目指して」と話しています。

 

(大学合格発表の際のショット)

 

なお慶応大学の総合政策部を目指したのは高校2年生の時で、文系から理系まで幅広く学べ、授業選択の自由度も高かったことも挙げています。

 

葵さんは高校3年生の夏休みは大学受験のために毎日学校に通って受験勉強をしていたことをインタビューで話しています。

 

また受験のために様々な本を1日3冊も読んだり、撮影のためのホテルでも睡眠時間を削って勉強しています。

 

「やっていることが興味のあることなので、苦ではなかった。あとは気力ですね!」と当時を振り返っています。

 

なお大学1年生の時にNHKの朝ドラ「わろてんか」の撮影をしていたので、撮影期間中は大学を休学しています。

 

 

このドラマはNHK大阪局の製作で、撮影中は大阪に住まなければならないので大学を休学しています。

 

とは言えこのドラマのヒロインに起用されたことで、葵さんの知名度も全国区となりました。

 

そのためその翌年には二宮和也さん主演の連続ドラマの「ブラック・ペアン」にヒロインとして起用されています。

 

 

以降も話題作の連続ドラマや映画へ続々と出演しそうですから、楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

葵わかなの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:日本女子体育大学附属二階堂高校  偏差値40(容易)

 

 

※追記

当初は葵わかなさんの出身校を日出高校と記載していましたが、その後の再調査で上記の高校と判明しました。謹んで訂正させていただきます。

 

葵わかなさんの出身校は、私立の女子校の日本女子体育大学附属二階堂高校です。

 

同校は芸能活動に寛容なことからこのところ在籍する女性芸能人が増えており、今後は堀越高校や日出高校に次ぐ存在になりそうです。

 

葵さんも小学生でデビューし、中学生の頃はアイドルグループの「乙女新党」に加入していますから、幅広く芸能活動をおこなうために同校に進学しました。

 

ただし高校1年生の7月に女優活動を中心とすることを理由に、乙女新党は卒業しています。

 

(卒業公演)

 

乙女新党を卒業した理由はテレビドラマや映画の撮影が多くなったことから、グループの練習やイベントに欠席することが増えてしまい他のメンバーやファンに迷惑がかかると考えたからです。

 

また卒業の決断のきっかけは中学校3年生の時に、進路を女優として決めたからだと述べています。

 

「当時中学3年生で進路のこととか考えている時に、自分はこのままお芝居を続けていくんだろうなと思って、もっとやっていきたいと思ったのがきっかけです」

 

高校時代も軽音楽部に所属するなど、どうやら音楽が非常に好きなようです。

 

また葵さんは自身の高校時代を振り返って、「派手なタイプじゃなかった」とインタビューで話しています。

 

「“派手”なタイプではなくて…仲の良い子と隅でおしゃべりしてるような感じでした。率先して「イェイ!」みたいなタイプではなく、「オー!」って乗っかる側(笑)」

 

さらに高校時代のあだ名は「わかばぁ」だったそうです。

 

「性格がおばあちゃんみたいだったから、あだ名が「わかばぁ」だったし(笑)。寝癖つけたまま学校に行ったり、のほほんと肩肘張らずに素の自分でいました」

 

また「メレンゲの気持ち」に出演した際に、高校2年生の時に突然父親に対する反抗期がはじまったことを告白しています。

 

ある日突然「お父さんキモイな」と感じましたが、朝ドラの撮影で10か月間大阪で一人暮らしをしたことがきっかけで「離れてはじめて親のありがたみがわかった」と結んでいます。

 

(高校時代)

 

高校2年生の時に芳根京子さん主演の連続ドラマ「表参道高校合唱部!」に出演して、女優としての知名度を上げています。

 

 

ちなみにこのドラマでは志尊淳さんや高杉真宙さん、森川葵さんら後に人気俳優・人気女優となる人たちが複数出演していたことで知られています。

 

また高校2年生の3月では「女優堕ち」でテレビドラマに初主演しています。

 

 

さらに高校3年生の頃には「ホラーの天使」で映画に初主演しています。

 

 

このように着実に女優として成長を遂げた高校時代でした。

 

【主な卒業生】

内山理名(女優)

土屋太鳳(女優)

堀北真希(女優)

黒木メイサ(女優)

 

スポンサードリンク



 

葵わかなの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 相模原市立共和中学校 偏差値なし

 

 

葵わかなさんの出身中学校は、相模原市立共和中学校が有力です。

 

中学時代はバレーボール部に所属するなど、スポーツ好きの一面も覗かせています。

 

 

中学時代も子役として活動していましたが、中学2年生の時にアイドルグループ「乙女新党」のメンバーとなっています。

 

 

乙女新党のメンバーたちは葵さんが中学卒業時に手紙をくれたりと良好な関係だったことをインタビューで話しています。

 

「乙女新党のメンバーは喧嘩をしても離れられないような切っても切れない関係。私が中学校を卒業する時に、みんなが手紙をくれたんですね。それがとても感動的な内容で」

 

ちなみに意外なことに、葵さんは中学校時代は友達が少なかったことも告白しています。

 

「私は友だちがあまりいないんですが、友だちって本当にいいものだなと感じました。だから、これからは積極的に友だちを作っていこうかなと思いました」

 

中学時代も女優活動をしていますが、中学校3年生の時に「陽だまりの彼女」で映画に初出演しています。

 

 

ところがこの映画ではうまく演技ができなくてかなり悩んだそうです。

 

「初めての映画で、私、本当に何もできなくて。それに対して三木孝浩監督が親身にいろんなことを教えてくださったし、悩むきっかけをくれたんです。悩み始めたらわかんないだらけだから、本当にご飯を食べられないくらい追いつめられたんですけど、終わってみたら楽しかったし、お芝居ってこういうことかと当時の自分なりに思って、次への意欲も湧いて興味も出てきて。その後の進路を考えるタイミングでも、お仕事を辞めるという選択肢はなかったですね」

 

このような経緯もあって、葵さんは中学校3年生の時には進路をアイドルではなく、女優に定めています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:神奈川県 相模原市立淵野辺東小学校

 

 

葵わかなさんの出身小学校は、相模原市内の公立校の淵野辺東小学校が有力です。

 

葵さんの家族構成は両親と姉、妹の5人家族です(3人姉妹の次女)。

 

父親は中国系で苗字は「富」との情報もありますが、真偽のほどは不明です。

 

葵さんは幼少期は引っ込み思案な少女でした。

 

幼い頃からバラエティー番組番組に出演したいという憧れがありました。

 

また葵さんは子供の頃は自分の世界がありすぎてマイペースだったため、人と歩調を合わせることが苦手だったとインタビューで語っています。

 

小学生時代から読書が好きで、図書館で色々な本を読んでいます。

 

また子供の頃から勉強も好きだったそうです。

 

(10歳の頃)

 

小学校5年生の時に原宿でスカウトされて芸能界入りしています。

 

きっかけはテレビで見ていた「クイズヘキサゴン2」で、葵さんは母親に「自分もヘキサゴンに出たい」と言い出して、母親とともに芸能事務所のオーディション用の写真を撮りに行ったところ、その帰り道に7社もの芸能事務所のスタッフに声をかけられてスカウトされています。

 

(その際の写真)

 

原宿はスカウトマンが多いことで知られていますが、小学生にしてこのかわいさですから、複数の事務所のスタッフに声をかけられることもわかる気がしますね。

 

なお朝ドラ「半分、青い。」のヒロインに起用された永野芽郁さんとは小学校時代からの知り合いで、仕事の後に一緒にラーメンを食べたことがきっかけで仲良くなっています。

 

 

以上が葵わかなさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に期待の若手女優として名前が上がるほど人気も出てきましたし、NHKの朝ドラに出演したことで一気に知名度も上がりました。

 

その後はテレビドラマや映画の出演作が大幅に増えています。

 

もともと演技力にも定評がありますので、さらに磨きをかければ女優として大ブレイクも果たしそうです。

 

真面目でしっかりした性格とのことですから、彼女の今後の大きな飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ