菊池亜希子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

菊池亜希子(きくち あきこ)

 

 

1982826日生

身長173

 

岐阜県出身の女優、モデル

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2007年の映画「東京の嘘」で女優デビュー。

 

同年の「グッジョブ」でテレビドラマ初出演。

 

2008年の「恋空」で連続ドラマ初出演。

 

2010年の「森崎書店の日々」で映画初主演。

 

 

以降も「よだかのほし」や「グッド・ストライプス」、「海のふた」などの映画に主演している。

 

 

「クローン・ベイビー」や「トットてれび」、「カルテット」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

モデルとしても活動しており、「non-no」や「リンネル」などの雑誌に出演。

 

独特なイラストでも人気があり、雑誌「ムック マッシュ」の編集長を務める。

 

 

既婚者で2017年に長女を出産している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岐阜工業高等専門学校 偏差値65(難関)

 

菊池亜希子さんの出身校は、国立の岐阜工業高等専門学校です。

 

同校は6年制の高専で、建築や機械工学、環境都市工学などを学ぶことができます。

 

菊池さんの出身中学校は、大野町立大野中学校か大野町立揖東中学校が有力です。

 

中学校の頃は吹奏楽部に在籍してフルートを担当し、副部長も務めていました。

 

高校時代からモデルとしての活動を開始しており、土日に地元から上京して仕事をしています。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:千葉大学 工学部都市環境システム学科 偏差値58(中の上)

 

菊池亜希子さんは高専卒業後は、千葉大学の工学部に進学しています。

 

高専を卒業しているので、同大には3年生から編入しています。

 

大学時代もモデルとして活動したほか、モスバーガーや日産自動車などのCMに出演しています。

 

大学卒業後は女優としての活動も開始して、テレビドラマや映画に出演。

 

「文科系女子のカリスマ女優」との異名も誇り、主演映画も製作されるほどの人気を博しました。

 

また他にも雑誌の編集長を務めたり、著書を出版したりと幅広いジャンルで才能を発揮しています。

 

独特のカリスマ性のある女優だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ