柴本幸の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

柴本幸(しばもと ゆき)

 

 

19831018日生

身長170

 

東京都出身の女優

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子で、父親は俳優の柴俊夫、母親は女優の真野響子。

 

2007年の大河ドラマ「風林火山」のヒロインとしてデビュー。

 

 

同年の「となり町戦争」で映画初出演。

 

当初はモデルとしても活動し、雑誌「BOAO」の専属モデルを務めた。

 

2009年の「真夏の夜の夢」で映画初主演。

 

 

2009年の「タトゥー」で舞台初出演。

 

以降も「高校生レストラン」や「Nのために」、「家政夫のミタゾノ」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

TAJOMARU」や「バンデイジ」などの映画にも出演。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 慶応義塾女子高校 偏差値76(超難関)

 

柴本幸さんの出身校は、私立の女子校の慶応義塾女子高校です。

 

同校は慶応大学の系列校の中では唯一の女子校で、全国的にも屈指の難易度を誇ることで知られています。

 

柴本さんは慶應義塾幼稚舎から慶應義塾中等部(偏差値72)を経て、同校に内部進学しています。

 

両親ともに俳優だったことから幼い頃から女優に憧れていますが、両親が学業優先の方針で学生時代には芸能活動をしていません。

 

また高校時代は熱心にリコーダーに取り組んでおり、高校1年生の頃には「全日本リコーダーコンテスト・高校生独奏の部」で金賞を受賞するほどの実力でした。

 

さらに翌年にはリコーダーの実績で「慶應義塾塾長賞」を受賞しています。

 

学業もしっかりとおこなっており、高校時代の成績はよかったとのこと。

 

【主な卒業生】

弘中綾香(アナウンサー)

紺野美沙子(女優)

向井千秋(宇宙飛行士)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:慶応義塾大学 文学部 偏差値68(難関)

 

柴本幸さんは高校卒業後は、系列の慶応義塾大学に内部進学しています。

 

大学在学中は演劇サークルに所属しており、演劇学の勉強をおこなうなど、女優になるための準備をおこなっています。

 

大学卒業からわずか2か月でオーディションを経て、NHK大河ドラマのヒロインに抜擢。

 

当時大河ドラマでは新人がヒロイン級に抜擢されることは初めてだったことから、大きな話題にもなりました。

 

以降も数多くのテレビドラマや映画に出演。

 

主演やヒロインなどでの起用はなくなりましたが、安定感のある演技で作品を盛り上げています。

 

女優としても円熟期を迎えているだけに、今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ