林家正蔵の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

林家正蔵(はやしや しょうぞう)

 

 

1962121日生

身長168

 

東京都出身の落語家、タレント

本名は海老名泰孝、旧芸名は林家こぶ平

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

姉は海老名美どりと泰葉、弟は2代目林家三平。

 

1978年に父親の初代林家三平に弟子入りし、1980年の初代の死後は林家こん平の門下となる。

 

1988年に最年少で真打ちに昇進。

 

(若い頃)

 

1980年代後半からタレントとしてテレビ出演が増えて、1990年から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務める。

 

 

他にも「テレビ探偵団」や「モグモグGOMBO」などにレギュラー出演。

 

 

俳優としても活動しており、「ウーマンドリーム」や「あんどーなつ」、「ハンチョウ」などの連続ドラマに出演。

 

2005年に9代目林家正蔵を襲名。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 竹台高校 偏差値47(やや容易・現在)

 

林家正蔵さんの出身校は、都立の共学校の竹台高校です。

 

同校の現在の偏差値は47程度ですが、林家正蔵さんが在籍当時は現在よりもかなりレベルが上でした。

 

台東区立根岸小学校から台東区立忍岡中学校を経て、同校に進学しています。

 

子供の頃からスポーツは苦手で、中学校ではブラスバンド部に所属しています。

 

また中学時代にジャズに熱中してレコードを買い集めて、現在までにCDを含めて1万枚を超えるほどのコレクションになっています。

 

高校進学と同時に父親の三平さんに弟子入りしますが、高校3年生の時に急逝したことから、父親の弟子だった林家こん平さんの門下となっています。

 

【主な卒業生】

片岡鶴太郎(お笑いタレント)

2代目林家三平(落語家)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

林家正蔵さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

落語家としては当時としては最速の26歳で真打ちに昇進したほか、タレントとしても多くのバラエティー番組に起用されて人気者となります。

 

その他にも俳優としても活動するなど、マルチな才能を発揮してきました。

 

2005年ごろから病気の師匠の林家こん平さんに代わって林家一門の中心として活動しており、テレビなどの出演は激減しています。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ