横澤夏子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

横澤夏子(よこざわ なつこ)

 

横澤

 

1990720日生

身長169

 

新潟県出身のお笑いタレント

本名同じ

 

以下では横澤夏子さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、中学校時代や高校時代のエピソードなどをご紹介します。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と弟と妹(3人きょうだいの長女)

 

2009年に吉本総合芸能学院(NSC)に入所し、同期にマテンロウやデニスがいる。

 

同年にヨシモト∞ホールでデビュー。

 

2012年に初の単独ライブ「ラッキーガール」を新宿で開催。

 

2013年ごろからテレビ出演が多くなり、同年7月から朝の情報番組ZIP!」に出演。

 

 

2014年にドラマ「俺のダンディズム」で女優デビューし、「重版出来!」や「せいせいするほど、愛してる」などの話題作にも出演した。

 

 

20153月に若手芸人コンテスト「彩バトル」で優勝。

 

2016年から露出が一気に増えて、「バイキング」や「王様のブランチ」などの人気番組のレギュラーを務める。

 

 

2017年に1歳年上の会社員の男性と結婚した。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:糸魚川市立大和川小学校

 

 

横澤夏子さんの出身校は、地元の糸魚川市内の公立校の大和川小学校です。

 

父親は中学校教諭、母親はカウンセラーで堅い家庭に育っています。

 

子供の頃からピアノや大正琴の習い事をしています。

 

実家には卓球台が置いてあり家族全員が卓球好きで、横澤さんも卓球は子供の頃から得意でした。

 

子供の頃から目立ちたがり屋でしたが、学校では生徒会長を務めるなど、模範的な生徒でした。

 

バラエティー番組「あいつ今何している」に出演した際に、小学校時代に6年間ずっと好きだった男子生徒がいたことを話しています。

 

 

出身中学校:糸魚川市立糸魚川東中学校

 

 

横澤夏子さんの出身中学校は、同じく糸魚川市内の公立校の糸魚川東中学校です。

 

中学時代は卓球部に所属して、県大会に優勝するほどの成績を残しています。

 

また横澤さんは中学でも生徒会長を務めるほどでした。

 

中学3年生の時に東京へ行った際に、「ルミネTHE吉本」でお笑いの舞台を見たことで、お笑い芸人に興味を持っています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:新潟県 糸魚川高校 偏差値48(やや容易)

 

 

横澤夏子さんの出身校は、県立の共学校の糸魚川高校です。

 

高校時代もやはり生徒会長を務めており、小学校から高校まで人望があったようです。 

 

また高校時代は地元の糸魚川市のミスコンに出場しようとし、市長にアピールもしましたがエントリー自体が取り消されたなどの逸話もあります。

 

さらには高校の同級生とお笑いコンビを組んで、M-1甲子園の新潟予選にも出場しています。

 

高校時代には既にお笑い芸人になることを目指していました。

 

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

横澤夏子さんは高校卒業後は大学に進学せずに、上京してNSC東京校に入所しました。

 

当時は観光バスの添乗員などかなり多くのアルバイトを経験しており、それらの経験は芸の役に立ったと語っています。

 

またその傍らで、ベビーシッターの資格を取得するなど、向上心も人一倍あるようです。

 

NSCには高校時代の相方とともに入校しましたがコンビを組むことができず、仕方なくピンネタをおこなった受けたことから、以降もピン芸人として活動しています。

 

その後下積み生活を経て着々と実力をつけて、今では人気女性芸人のひとりになって、多くのテレビにも出演しています。

 

また本業のお笑いのほか、連続ドラマの話題作に起用されるなど、女優としても活動の幅を広げています。

 

今後も何かと注目される存在なので、その動向も楽しみですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ