真琴つばさの学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

真琴つばさ(まこと つばさ)

 

 

19641125日生

身長168

 

東京都出身の女優、歌手

本名は保川真名美

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1985年に宝塚歌劇団に入団し、同期には轟悠や愛華みれらがいる。

 

同年の舞台「愛あれば命は永遠に」でデビュー。

 

1991年の「ヴェネチアの紋章」で初主演。

 

1997年に月組のトップスターとなって、風花舞や檀れいを相手役にして数々の舞台に主演。

 

 

20015月の「愛のソナタ」をもって宝塚歌劇団を退団。

 

 

以降は舞台や歌手、ディナーショーなどを中心に活動。

 

2003年に1stアルバム「everyone」をリリース。

 

 

2010年の「恋するナポリタン」で映画初出演。

 

2012年の「七人の敵がいる」に主演して連続ドラマ初出演。

 

 

タレント活動もしており、「プレバト」や「ミラクル9」などのテレビ番組に出演している。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 実践女子学園高校 偏差値60(やや難関・当時)

 

真琴つばささんの出身校は、私立の女子校の実践学園女子高校です。

 

同校は1899年開校の伝統校で、これまで多くの女性芸能人を輩出していることで知られています。

 

真琴さんは品川区立台場小学校から系列の実践女子学園中学校(偏差値60)を経て、同校に進学しています。

 

中学生の頃はバレーボール部に所属するなど、スポーツは得意だったようです。

 

高校時代には演劇部に所属して、文化祭などでは舞台に立っています。

 

当初から大学進学を考えていましたが、高校3年生の時に同級生に誘われて、宝塚音楽学校を受験しています。

 

【主な卒業生】

塩沢とき(女優)

夏菜(女優・中学まで)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:実践女子大学(中退) 偏差値4453(学部不明のため)

 

真琴つばささんは高校卒業後は、系列の実践女子大学に内部進学します。

 

ところが入学式の翌日に宝塚音楽学校が合格発表されたため、わずか1日で同大を中退して、宝塚音楽学校に入学しています。

 

20歳で宝塚歌劇団にデビューすると順調にキャリアを重ね、男役のトップスターにまで上り詰めます。

 

宝塚退団後も、舞台や歌手としての活動を中心にしており、未だに高い人気を誇っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ