観月ありさの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

観月ありさ(みづき ありさ)

 

観月

 

1976125日生

身長170

 

東京都出身の女優、歌手、モデル

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

母親が日本人とアメリカ人のハーフで、本人はクオーター。

 

4歳の頃から子役として活動し、CMや雑誌に出演していた。

 

1989年のドラマ「教師びんびん物語Ⅱ」でテレビ初出演。

 

1991年の主演作「超少女REIKO」で映画初出演。

 

同年の「放課後」で連続ドラマ初主演。

 

また1stシングル「伝説の少女」で歌手デビューし、いきなりオリコン5位と

なるヒットとなり日本レコード大賞の新人賞を受賞。

 

観月1

 

歌手としては1994年の7thシングル「happy wake up!」がオリコン3位となる

最大のヒット。

 

1996年に主演した「ナースのお仕事」は当たり役となり、続編や劇場版も

製作されるほどのヒットを記録。

 

観月2

 

その後も「私を旅館に連れてって」や「斉藤さん」、「夜のせんせい」などの

人気作の連続ドラマに主演。

 

2007年の「歌の翼にキミを乗せ」で舞台初出演。

 

私生活では2015年に上原さくらの前夫の会社社長と結婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:明治大学附属中野高校 定時制(中退) 偏差値40(容易)

 

観月ありささんの出身校は、私立の共学校の明大中野高校の定時制です。

 

2003年に廃止されるまでは、堀越高校と並び数多くの芸能人が在籍している

ことで知られています。

 

観月さんは練馬区立大泉南中学校に在籍した1990年ごろから人気が上昇したので、

芸能活動を幅広くおこなうために同校に進学しました。

 

しかしその後は大ブレイクして、女優としても多くの映画やドラマに

出演したほか、歌手としても売れっ子になりました。

 

そのため通学する暇もかなったようで、時期は不明ですが高校は中退して

しまっています。

 

とは言え、その後の活躍は周知のとおりで、1992年に出演した「放課後」から

2016年まで25年連続で連続ドラマの主演を務めるなど前人未到の金字塔も

打ち立てています。

 

現在は40代に突入しましたが、相変わらずの美貌と抜群のプロポーションで

第一線で活躍しています。

 

未だに主演作が製作されるほどの根強い人気を誇っていますが、

末永い活躍を期待したいものです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ