芦名星の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

芦名星(あしな せい)

 

 

19831122日生

身長165

 

福島県出身の女優

本名は五十嵐彩(いがらし あや)

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄が2人いる。

 

2002年にモデルデビューして、ファッション誌「CanCom」や「PINKY」などに出演。

 

 

2003年の「Stand Up!」で連続ドラマ初レギュラー。

 

2004年の「ジャンプ」で映画初出演。

 

2005年の「仮面ライダー響鬼」の悪役キャラで注目される。

 

 

同年1月からバラエティー番組「恋するハニカミ」にレギュラー出演。

 

2006年に日本・カナダ・イタリアの合作映画「シルク」のヒロインに抜擢。

 

 

2007年の「たとえ世界が終わっても」で映画初主演して、以降も「ジュテーム」や「七瀬ふたたび」などの映画に主演している。

 

 

2008年の「ジュテーム」で連続ドラマ初主演。

 

「信長のシェフ」や「スペシャリスト」、「デイジー・ラック」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※入学時は日出女子学園高校

 

芦名星さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

出身中学校は郡山市立郡山第七中学校が有力です。

 

芦名さんは中学卒業後にモデルを目指して上京し同校に進学し、芸能コースに在籍していました。

 

同校では女優の須藤温子さんが同級生でした。

 

在学中にスカウトされて芸能事務所入りしていますが、高校時代は目立った芸能活動をおこなっていません。

 

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

芦名星さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業とともに本格的に芸能活動をスタートさせ、当初はファッションモデルとしてキャリアを積みます。

 

そして20歳頃から女優活動も開始すると、順調に映画や連続ドラマに起用され続けていきます。

 

25歳からは女優専業になって、製作費30億円の大作映画「シルク」のヒロインに起用され、海外でも人気を博しています。

 

黒髪が印象的なアジアンビューティーとして知られ、未だに高い人気を誇っています。

 

女優としても円熟期を迎えていることから、さらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ