小倉一郎の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

小倉一郎(おぐら いちろう)

 

 

19511029日生

身長168

 

鹿児島県出身(東京都育ち)の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの末っ子。

 

子役出身で、1964年から数多くのテレビドラマや映画に出演。

 

 

1976年から出演した連続ドラマ「俺たちの朝」で注目される。

 

 

1978年のテレビドラマ「熱中時代」で知名度が上昇。

 

 

以降も「家なき子」や「ウルトラマンティガ」、「新・花へんろ」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

「瀬戸内野球少年団」や「いつかA列車に乗って」、「デビルマン」などの映画にも出演している。

 

私生活では1973年に女優の海野まさみと結婚するも、わずか2か月半で離婚。

 

1977年に会社員女性と再婚して一男三女をもうけるも、妻の政治活動からのすれ違いで1999年に離婚。

 

2006年に元アイドル歌手の谷ちえ子と3度目の結婚をするも、2015年に離婚。

 

2017年に初恋の女性と4度目の結婚をした。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 日本大学豊山高校(中退) 偏差値57(現在)

 

小倉一郎さんが入学したのは、私立の男子校の日大豊山(ぶざん)高校です。

 

同校は部活動が盛んで、水泳部は多数のオリンピック選手を輩出していることで知られています。

 

また小倉さんが在籍した当時のレベルは不明ですが、現在よりもレベルは低かったものと推測されます。

 

小倉さんは幼少期から家族に不幸が多く、生後1週間で母親を亡くし、2歳の時には双子の兄が船着き場の事故で逝去。

 

また16歳の時に1歳年上の姉を脳腫瘍で亡くしています。

 

中学生の頃から子役として数多くの作品に出演していたので、学校は休みがちでした。

 

高校時代にはさらに仕事が多忙になったことから、高校は中退してしまっています。

 

そのため大学などには進学していません。

 

とは言え、以降も数え切れないほどのテレビドラマや映画に出演。

 

業界内では「小心者を演じさせたら右に出る者はいない」と言われるほど高い評価を得ています。

 

貴重な個性派のバイプレーヤーだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ