高橋惠子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

高橋惠子(たかはし けいこ)

 

 

1955122日生

身長162

 

北海道出身の女優

旧姓及び旧芸名は関根惠子

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

兄がいた(3歳で夭折)。

 

1970年の映画「高校生ブルース」で主演デビューして、大胆なヌードなどで話題となる。

 

 

同年の映画「おさな妻」でゴールデンアロー賞新人賞を受賞。

 

 

同作の主題歌の「愛の出発」で歌手デビュー。

 

1971年の「ハイカラー泊旅行」でテレビドラマ初出演。

 

1972年から連続ドラマ「太陽にほえろ」にレギュラー出演(1974年まで)

 

 

1981年に日活ロマンポルノ「ラブレター」に主演して、作品はロマンポルノ史上最高の興行成績を記録。

 

 

1986年の「氷紋」で連続ドラマ初主演。

 

私生活では1982年に映画監督の高橋伴明と結婚し、芸名も「高橋」姓に変更。

 

一男一女をもうけており、長女はタレントの秋山佑奈。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

高橋惠子さんは中学卒業後は、高校に進学していません。

 

実家は北海道の標茶町で酪農業を営んでいましたが、母牛が死んだことで酪農を断念。

 

小学校2年生で釧路市に移住して、小学校5年生で斜里町に移住。

 

小学校の6年生の途中で東京の府中に移住し、府中市の公立小学校を卒業しています。

 

その後、相模原市に移住して相模原市立大野南中学校を卒業しています。

 

学生時代は内向的な少女でしたが、中学2年生の時にスカウトされて女優を志し、映画会社の大映の営業所で研修を受けています。

 

中学校卒業とともに大映に入社したことから高校には進学せずに、大学などにも進学していません。

 

(10代の頃)

 

しかしその後は15歳で衝撃的なデビューを果たすと、ヌードも辞さない大胆な演技で人気女優の階段を上って行きます。

 

また連続ドラマの主要キャストを務める傍ら、ポルノ映画に出演して大きな話題を呼びました。

 

以降も数多くのテレビドラマや映画に出演して、演技派女優の地位も確立。

 

現在もSPドラマや連続ドラマに起用されており、未だに第一線で活動しています。

 

根強い人気を誇る女優だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ