平泉成の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

平泉成(ひらいずみ せい)

 

 

194462日生

身長174

 

愛知県出身の俳優

本名及び旧芸名は平泉征七郎

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

7人きょうだいの末っ子。

 

1964年に大映ニューフェイス第4期生に選ばれる。

 

 

1966年の「酔いどれ博士」で映画初出演。

 

1967年の「愛の歌」でテレビドラマ初出演し、挿入歌「夜を抱きしめたい」で歌手デビュー。

 

 

当初は期待の若手俳優として注目されたが、脇役専門の俳優になっていく。

 

また当初は悪役中心に演じていたが、1980年代以降は父親役や中年刑事役が増えて、テレビドラマや映画への出演が増える。

 

テレビドラマの代表作は「はみだし刑事情熱系シリーズ」や「家政婦のミタ」、「あまちゃん」など。

 

 

「サラリーマンNEO」や「ペケ×ポン」などのバラエティー番組にも出演。

 

 

既婚者で一男一女がいる。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 岡崎商業高校 偏差値49(現在)

 

平泉成さんの出身校は、県立の共学校の岡崎商業高校です。

 

同校は1902年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

平泉さんは額田町立宮崎小学校から額田町立宮崎小学校(現在はいずれも岡崎市立)を経て、同校に進学しています。

 

出身は宮崎村(現在は岡崎市)で周囲には商店が1軒もないほどの田舎でした。

 

年に1回の村祭りにやってくる巡回映画を見たことがきっかけで、俳優を志すことになりました。

 

高校時代は演劇部に所属して、イタリアやフランスの映画を好んで見ています。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

平泉成さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職しています。

 

名古屋市内のホテルに就職して、ベルボーイを担当していました。

 

20歳の時に大映ニューフェイスに選ばれたことから、芸能界入りを果たします。

 

しかし当初は期待されたもののブレイクせずに、下積み生活が長く続きます。

 

ところが40歳を超えたあたりから、中年役でテレビドラマや映画に頻繁に起用されることになって、以降は数え切れないほどの作品に出演。

 

安定した演技力で「名脇役」と呼ばれるほどのバイプレーヤーになりました。

 

既に年齢は70歳を超えていますが未だに精力的に活動していることから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ