広瀬香美の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

広瀬香美(ひろせ こうみ)

 

 

1966412日生

身長165

 

福岡県出身のシンガーソングライター

本名は米光麻美(よねみつ あさみ・旧姓)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1992年にアルバム「愛があれば大丈夫」でメジャーデビュー。

 

1993年にリリースした3rdシングル「ロマンスの神様」が、175万枚のミリオンセラーとなる。

 

 

以降も「幸せをつかみたい」や「ゲレンデがとけるほど恋したい」などの楽曲がヒットして、「冬の女王」の異名をとる。

 

 

上戸彩や郷ひろみ、篠原涼子など多数のアーティストに楽曲を提供している。

 

1999年に音楽学校「Do Dream」(現在は広瀬香美音楽学校)を開設し、2015年には「広瀬香美合唱団」を設立。

 

 

私生活では1999年に俳優の大沢たかおと結婚したが、2006年に離婚。

 

2008年にアメリカ人男性と再婚した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡女学院高校 音楽科 偏差値48(当時)

 

広瀬香美さんの出身校は、私立の女子校の福岡女学院高校です。

 

同校は1885年開校の伝統校で、古くから地元では「お嬢様学校」として知られています。

 

また現在は普通科(偏差値61)、音楽科(同54)とレベルが上がっていますが、当時は現在ほどではありませんでした。

 

広瀬さんは筑紫野市立吉木小学校から福岡女学院中学校を経て、同校に内部進学しています。

 

5歳の時からピアノを習い、中学生の頃から作曲をはじめています。

 

大ヒットした「ロマンスの神様」の原曲は学生時代に制作しています。

 

ただし当時はシンガーソングライターではなく、作曲家になりたいと思っていました。

 

(中学生の頃)

 

【主な卒業生】

藤吉久美子(女優)

牧瀬里穂(女優・転出)

大神いずみ(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:国立音楽大学 音楽部作曲科 偏差値35(難関)

 

広瀬香美さんは高校卒業後は、国立音楽大学に進学しています。

 

同大は学科試験の偏差値は低いですが実技試験が難しく、作曲科に関しては東京芸大や桐朋学園大学に次ぐレベルです。

 

広瀬さんは同大在学中の成績が悪く、幼少期から養ってきた自身の音楽理論も否定されています。

 

ところが気分転換に高校時代の友人とロサンゼルスに遊びに行った際に、マイケル・ジャクソンやマドンナのライブを見て、ポップミュージックに方向転換。

 

マイケル・ジャクソンのボイストレーナーのオーディションを受験すると、東洋人としては初めて合格します。

 

その後はLA3年間トレーニングを積んで、26歳の時にメジャーデビューを飾ると、いきなりヒット曲を連発して人気アーティストの仲間入りを果たしました。

 

歌手だけではなく、多方面で音楽プロデュースをしており、日本国内外からも高い人気を誇っています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ