内田裕也の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

内田裕也(うちだ ゆうや)

 

 

19391117日生

身長174

 

兵庫県出身のミュージシャン、俳優

本名は内田雄也(ゆうや)

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

兄と姉がいる。

 

1959年の「日劇ウエスタンカーニバル」で、ミュージシャンとしてデビュー。

 

1967年に「内田裕也とザ・フラワーズ」を結成し、ボーカルを担当。

 

 

1970年代後半からは俳優として活動し、「コミック雑誌なんかいらない!」や「魚からダイオキシン!」などの映画に出演。

 

 

197312月から年越しロックイベント「フラッシュ・コンサート」を開催し、現在も「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」として開催されている。

 

1991年の都知事選挙に立候補したが落選。

 

 

私生活では1973年に女優の樹木希林と結婚したが、50年近くも別居している。

 

 

娘は女優の内田也哉子。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 旭高校普通科(中退) 偏差値54(現在)

 

内田裕也さんが入学したのは、府立の共学校の旭高校です。

 

堺市立大美野小学校から堺市立三国丘中学校に進学し、中学2年生の時に私立の清教学園中学校に転校して、同校に進学しています。

 

中学校ではラグビー部、高校時代は野球部に所属するなど、スポーツは得意でした。

 

また学生時代は非常に真面目で、清教学園中学校では生徒会の副会長を務めたほどです。

 

高校時代にエルビス・プレスリーに憧れてミュージシャンを目指したので、同校は中退してしまっています。

 

その後に府立三国丘高校の定時制に入学しましたが、最終的にはこちらの高校も中退しています。

 

そのため内田さんは大学などには進学していません。

 

以降は自身のバンドを率いたり、他の有名バンドのボーカルを務めるなど、ミュージシャンとしてのキャリアを重ねています。

 

決して大きなヒット曲はありませんが、60年代から70年代の日本のロックシーンをリードした存在で、多くのミュージシャンたちに多大な影響を与えています。

 

既に80歳近い年齢となっていますが、現在でも精力的に多方面で活動しています。

 

根強い人気を誇っているだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ