田中英寿日大理事長の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

田中英寿(たなか ひでとし)

 

 

1946126日生

 

青森県出身

日本大学の第12代理事長

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1969年に日本大学農獣医学部体育助手兼相撲部コーチに就任。

 

1983年から日本大学相撲部の監督に就任し、後に大相撲で活躍する舞の海や久島海らを育てる。

 

 

1994年に日本オリンピック委員会(JOC)の理事に就任し後に副会長も務めたが、暴力団の組長らとの黒い交際が発覚して辞任。

 

1999年から日本大学の理事に就任し、翌年に常務理事に就任。

 

2008年より日本大学の理事長を務める。

 

20185月に、日本大学アメリカンフットボール部による悪質タックル問題が発生した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:青森県 木造高校 偏差値54(現在)

 

田中英寿さんの出身校は、県立の共学校の木造(きづくり)高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、特に相撲部は強豪として知られています。

 

田中さんの在籍時の同校のレベルは不明ですが、現在よりは低かったようにも思えます。

 

金木町立金木小学校から金木町立金木中学校を経て(現在はいずれも五所川原市立)、同校に進学しています。

 

後に日大で田中さんの指導を受けることになる舞の海さんも同校の卒業生です。

 

田中さんの高校時代の情報はありませんが、後のキャリアを考えると、高校時代も相撲部に在籍していたことは間違いなさそうです。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:日本大学 経済学部 偏差値50(現在)

 

田中英寿さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

大学でも名門とされる同大の相撲部のレギュラーとして活躍して、大学3年生の時には学生横綱にも輝いています。

 

また大学時代の1学年後輩には、後に大相撲で横綱となる輪島大士さんがいました。

 

大学卒業後は相撲部のコーチに就任するとともに、自らもアマチュアの力士として相撲を続けています。

 

そして1969年と70年、74年の3度にわたってアマチュア横綱に輝いたほか、のべ34ものタイトルを獲得するほどの強豪力士でした。

 

1980年に現役を引退しましたが、その3年後に相撲部の監督に就任し、数多くの教え子を角界に送り込んでいます。

 

日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの交流戦に端を発した悪質タックル問題ですが、日大側の対応のまずさもあって、大きな社会問題になりつつあります。

 

そんな中、大学の事務方のトップである田中理事長の今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ