仁科亜季子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

仁科亜季子(にしな あきこ)

 

 

195343日生

身長158

 

東京都出身の女優、タレント

本名は仁科章子、旧芸名は仁科明子

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

父親は歌舞伎俳優の岩井半四郎で、姉と弟、妹がいる。

 

1972年の「白鳥の歌なんか聞えない」で女優デビュー。

 

同年の「祭りだお化けだ全員集合」で映画初出演。

 

1973年のテレビドラマ「あした天気に」や翌年の「勝海舟」などで、お嬢様女優として人気を博す。

 

 

1975年の「はつ恋」で映画初出演で主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「大都会」や「御宿かわせみ」など。

 

タレントとしても活動しており、「ごきげんよう!」や「ミになる図書館」、「バイキング」などのテレビ番組に出演。

 

私生活では1979年に俳優の松方弘樹と結婚して2児をもうけたが、1998年に離婚。

 

 

2011年に再婚したが、2013年に離婚した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 学習院女子高等科 偏差値67(難関)

 

仁科亜季子さんの出身校は、私立の女子校の学習院女子高等科です。

 

同校は1885年開校の伝統校で、古くから「お嬢様学校」として知られる進学校です。

 

仁科さんは学習院初等科から学習院中等科(偏差値66)を経て、同校に内部進学しています。

 

子供の頃から活発で、小学生の運動会では応援団長を務めたほどです。

 

またスポーツが非常に得意で、体育の成績は常に5でした。

 

高校時代は絵が得意だったので美大進学も考えましたが、美大志望の浪人生の絵を見て諦めています。

 

【主な卒業生】

オノ・ヨーコ(音楽家)

安藤和津(女優)

とよた真帆(女優)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

仁科亜季子は高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能界デビューを果たしています。

 

通学していた学習院女子高等科は芸能活動を認めておらず、卒業してからテレビドラマで女優デビューしています。

 

以降は清純派女優として人気を博し、数多くのテレビドラマや映画に起用されました。

 

26歳の時に俳優の松方弘樹さんと結婚して、芸能界も引退しています。

 

しかし松方さんと離婚したことで、44歳で芸能界に復帰。

 

以降は女優やタレントとして、コンスタントにテレビ番組に出演しています。

 

根強い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ