西郷輝彦の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

西郷輝彦(さいごう てるひこ)

 

 

194725日生

身長176

 

鹿児島県出身の俳優、歌手

本名は今川盛揮(いまがわ せいき)

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の末っ子。

 

1964年に「君だけを」で歌手デビューして、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞してNHK紅白歌合戦にも初出場。

 

 

同年の「十七歳のこの胸に」で映画初出演。

 

 

1966年に「星のフラメンコ」が大ヒット。

 

 

1975年から主演したテレビドラマ「江戸を斬る」が大ヒットして、人気俳優としての地位も確立。

 

 

以降も「独眼竜政宗」や「武田信玄」、「シロクマ園長 命の事件簿シリーズ」などのテレビドラマに出演。

 

1983年から「新アップダウンクイズ」の司会を務める。

 

タレントとしても「おもいッきりテレビ」などに出演。

 

私生活では1972年に歌手の辺見マリと結婚し、息子と娘(辺見えみり)をもうけたが1981年に離婚。

 

 

1990年に19歳年下の女性と結婚し、3人の娘がいる。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:鹿児島商業高校(中退) 偏差値47(現在)

 

西郷輝彦さんの出身校は、県立の共学校の鹿児島商業高校です。

 

同校は1894年開校の伝統校で、硬式野球部やバレーボール部が県内でも強豪として知られています。

 

西郷さんは谷山市立谷山小学校から谷山市立谷山中学校を経て(ともに現在は鹿児島市立)、同校に進学しています。

 

中学時代から俳優、歌手志望で各映画社のニューフェイスに応募していますが、すべて不合格になっています。

 

そのため高校1年生の時に同校を中退して上京し、バンドボーイになって活動していたところをスカウトされて、17歳で歌手デビューしています。

 

そのため大学などには進学していません。

 

とは言え、いきなりデビュー曲がヒットしてその年の紅白歌合戦に出場。

 

同時に俳優としてもデビューすると、数多くの映画やテレビドラマに起用されます。

 

当時の人気はまさにアイドル級で、橋幸夫さんや舟木一夫さんらとともに「御三家」と呼ばれるほどでした。

 

歌手と俳優でいずれも成功しており、現在でも第一線で活躍しています。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ