片岡礼子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

片岡礼子(かたおか れいこ)

 

 

19711220日生

身長160

 

愛媛県出身の女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

当初はモデルとして活動し、1991年に「民社党」のキャンペーン・キャラクターに選ばれる。

 

 

1993年の映画「二十歳の微熱」で女優デビュー。

 

1994年の映画「愛の新世界」で鈴木砂羽とともに、日本映画史上初となるヘアヌードを披露。

 

 

1995年の映画「KAMIKAZE TAXI」の演技が好評で、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

 

1996年の「探偵事務所」でテレビドラマ初出演。

 

2001年の映画「ハッシュ」で多くの映画賞を受賞。

 

 

2002年に脳出血で倒れて生死の境をさまようも奇跡的に回復して、2004年に女優復帰。

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「仮面ライダー響鬼」や「セカンドラブ」、「シグナル」など。

 

 

既婚者で3人の子供がいる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛媛県 伊予高校 偏差値50(普通)

 

片岡礼子さんの出身校は、県立の共学校の伊予高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、特にサッカー部は県内でも強豪として知られています。

 

片岡さんの出身中学校は不明ですが、出身地の松前(まさき)町には、町立の岡田中学校、松前中学校、北伊予中学校の3校のみなので、いずれかの可能性が高そうです。

 

幼少期からジャッキー・チェンに憧れて、早い段階から女優を志していました。

 

高校時代は生徒会の副会長を務めるなど、模範的な生徒だったようです。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:明星大学 理工学部土木学科 偏差値35(かなり容易)

※現在は環境科学科

 

片岡礼子さんは高校卒業後は、明星大学に進学しています。

 

大学では「水」について学びたいと考えて、同大の土木学科に在籍しています。

 

また東京の大学に進学したのは女優になるためで、大学4年間でチャンスを掴めなければ諦めて愛媛に帰ることを両親と約束しています。

 

しかし大学在学中に民社党のキャンペーンガールや週刊朝日の表紙を飾ったことで注目され、大学4年生の時には女優としてスクリーンデビューを果たしています。

 

以降は順調に女優としてのキャリアを重ねていきましたが、30歳の時に脳出血で倒れます。

 

幸い一命を取り留めて2年間のリハビリを経て、女優にも復帰。

 

その後も演技派のバイプレーヤーとして多くの作品に花を添えています。

 

山あり谷ありの女優人生だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ