志田未来の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

志田未来

 

志田

 

1993510日生

身長150

 

神奈川県出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

二人姉妹の姉で1歳年下の妹がいる。

 

1999年にセントラル子供劇団に入団。

 

2000年の「永遠の1/2」でドラマ初出演。

 

2002年の「借王ファイナルで映画初出演。

 

2005年の「本当にあった怖い話」でドラマ初主演し、

「女王の教室」で連続ドラマ初出演。

 

連続ドラマは初主演となった2006年の「16歳の母」でブレイクし、

多くの演技賞を受賞。

 

志田 14歳

 

その後は若手演技派として「小公女セイラ」や「秘密」などの話題の

連続ドラマに主演。

 

2009年の「誰も守ってくれない」で映画初主演し、演技も好評で

日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

その後も「信長のシェフ」や「まっしろ」、「とと姉ちゃん」などの

話題作に出演している。

 

2015年の「オレアナ」で舞台初出演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

志田未来さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

綾瀬市立北の台中学校の1年生の時に出演した「14歳の母」でブレイクして、

その後は多くのドラマや映画に出演することになりますから、

芸能活動を優先させるために同校のトレイトコースに進学した模様です。

 

中学校時代はバドミントン部に所属していましたが、レギュラーではなく

試合に出場したことはありませんでした。

 

どうやらさほど運動は得意ではないようです。

 

堀越高校では同級生に、山田涼介さん、知念侑李さん、神木隆之介さん、

西内まりやさん(後に転出)らがいた豪華な世代で、高校では風紀委員も

務めていました。

 

志田 高校

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

志田未来さんは高校卒業後は大学に進学せずに、女優活動に専念します。

 

堀越のトレイトコースに進学した時点で、大学への進学は

考えていなかったのかもしれません。

 

高校2年生の時にはアカデミー賞の新人賞を受賞するなどしたことから、

若手演技派として様々な作品に起用されることになりましたから、

勉強する暇もなかったようですね。

 

10代の頃に比べると主演作こそ減りましたが、その演技力で

人気ドラマや映画の主要キャストとして度々起用されています。

 

年齢を考えると女優としてのさらなる進化も望めるので、

今後も楽しみなひとりです。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ