長谷川潤の学歴と経歴|出身中学校や高校の偏差値

 

長谷川潤(はせがわ じゅん)

 

 

198665日生

身長164

 

アメリカ・ニューハンプシャー州出身のモデル、タレント

本名は長谷川カウルヴェッヒ潤

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで妹が2人いる。

 

2002年からファッション誌「ViVi」の専属モデルとなり、マリエや藤井リナらとともに同誌の看板モデルとなる(2010年まで)。

 

 

モデルとしては東京ガールズコレクションやガールズアワードなどのショーに出演している。

 

2004年から「めざましテレビ」にレギュラー出演(2007年まで)

 

 

2009年からトーク番組「グータンヌーボ」の司会を務める(20123月まで)

 

 

2010年から「アナザースカイ」の司会を務める(20129月まで)

 

 

2011年にハワイ在住の台湾系アメリカ人と結婚し、長女と長男を出産している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

長谷川潤さんは中学校を卒業後は、高校に進学していません。

 

アメリカのニューハンプシャー州で誕生していますが、2歳からハワイに移住。

 

小学校・中学校は現地の学校に通学しており、ハワイ時代は器械体操に取り組むなど、スポーツは得意のようです。

 

14歳でスカウトされて、翌年来日して横浜インターナショナルスクール1年間在籍しています。

 

15歳の頃からモデルとしての活動を開始したことから、インターナショナルスクール卒業後は芸能活動に専念するために高校には進学しませんでした。

 

当時は日本語があまりしゃべれなかったことから、仕事がほとんどありませんでした。

 

ところが16歳の時にファッション誌「ViVi」のレギュラーモデルに起用されると、その彫の深い端正なマスクで徐々に人気も上昇。

 

以降は同誌を代表するモデルのひとりとして活躍しています。

 

またその後にタレント活動も開始すると、数々の人気番組に起用されるほどの人気を得ます。

 

25歳で結婚し、その後に出産すると芸能活動もかなりマイペースとなります。

 

とは言え、未だに根強い人気を誇るだけに、本格的な芸能活動の再開にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ