サニブラウンの学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム

 

 

199639日生

身長188㎝、体重79

 

福岡県出身の陸上選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄。

 

当初はサッカーをやっていたが、小学校4年生の頃から母親の勧めで陸上競技をはじめる。

 

20157月の世界ユース選手権で100m、200mともに大会記録で優勝。

 

同年の世界選手権の日本代表メンバーとして選出されて、200mで史上最年少(16歳)で準決勝に進出。

 

 

同年の国際陸上連盟の新人賞も受賞した。

 

 

2017年の日本陸上競技選手権では、100m、200mともに自己ベストで優勝して短距離2冠達成。

 

同年8月の世界陸上選手権では100mは準決勝で敗退するも、200mは史上最年少(185か月)で決勝に進出した(7位)。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 城西大学附属城西高校 偏差値54(普通)

 

サニブラウンさんの出身校は、私立の共学校の城西大城西高校です。

 

同校はスポーツが盛んなことで知られており、近年は陸上部が全国的な強豪として知られています。

 

系列の城西大学附属城西中学校(偏差値52)からの内部進学ですが、中学校へは一般受験で入学しています。

 

サニブラウンさんの出身は福岡県ですが、小学校の頃には既に東京在住で港区立港陽小学校を卒業しています。

 

また小学生の頃は全国小学生陸上交流大会東京代表選考会に出場して優勝し、全国大会でも準決勝まで進出しました。

 

そして高校時代にその才能が大きく開花して、高校2年生の世界ユース選手権で2冠を達成したばかりか、世界陸上にも日本代表として出場しています。

 

さらには世界陸上連盟の新人賞を受賞するなど、実りの多かった高校時代でした。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

水森かおり(歌手)

橋幸夫(歌手)

木の実ナナ(歌手、中退)

野々村真(タレント、中退)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:フロリダ大学 学部不明 レベル 難関

 

サニブラウンは高校卒業後は、アメリカのフロリダ大学に進学します。

 

同大はアメリカの公立大学の名門として知られ、米国内でも3番目の規模を誇るほどのマンモス大学です。

 

またスポーツが盛んなことで知られており、野球やアメリカンフットボール、バスケットボールなどの名選手を輩出しています。

 

プロゴルファーの東尾理子さんも同大学の卒業生です。

 

同大は優秀なアスリートを数多く受け入れていますから、恐らくはサニブラウンさんのも一般受験での入学ではなく、スポーツ推薦などでの入学でしょう。

 

大学入学後も、世界選手権で史上最年少の決勝進出(男子200m)するなど、陸上選手として大きく進化しているようです。

 

このまま順調に成長すれば、東京オリンピックでもメダル候補の有力選手にもなりそうです。

 

今後の更なる飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ